気分は夏

 暑いです。まだ6月なのに。いつもなら6月=梅雨まっさいちゅうという季節感ですが、こうも暑いとすでに盛夏のイメージ。
 夏っぽいものを読みたくなりました。

book  1冊めは、Tom's Midnight Garden by Philippa Pearce。

 先週、多読のお仲間が集まる機会がありまして、その中で話題になった本。夏休みの話だから今読むとちょうどいいかな、と。

 弟がmeaslesにかかったため、感染らないようにとTomはおじの家に行くことになった。おじの家ではいっしょに遊ぶ子もいないし、他人に感染してはいけないからと外に行くことも禁止。退屈でしょうがない。夜も眠れなくて真夜中までひとりで起きている。そんなある夜、玄関ホールから柱時計の鐘の音が聞こえてきた。鐘の音は13回。玄関ホールまで降りて、裏口のとびらを開けてみるとそこには・・・・、

 というお話。

 しみじみといいお話でした。切なくなるような・・・。

 初版が1958年というからもう50年も前のお話。でも古びた感じはしない。文章はむずかしく感じるけど。

 再読です。今回は、動物や植物の名前もだいぶわかるようになったし、日本語でも退屈だったTomとおじさんの問答部分がくすくす笑いながら読めました。

 前回いつ読んだんだっけ?と調べたら2006年でした。このときも6月。夏が近づくと読みたくなるお話なのかな。500万語台で読んでいる。かなりキリンだったなぁ。理解度2割でも楽しければ読めちゃうところが多読のいいところなんだけど。

 1400万語ぶりってことか。こうやって数字にすると自分でもびっくりします。これだけ語数を重ねていれば理解度があがっても不思議じゃないか。実際には、シンプルに読書を続けているだけなんだけど。

book  2冊めは、Ronia,the Robber's Daughter by Astrid Lindgren。

 これも再読。

 リンドグレーンは子どもが主人公で友だちやきょうだいの話が多いんだけど、このお話は大恋愛話だな、って思う。

 子どもたちが親元を離れて森で暮らすっていうのもあこがれのシチュエーションだよね。毎日キャンプみたいな。実際には虫との闘いだろうし水汲みとか大変そうだけど。このお話、母の立場で読むのと父の立場で読むのとではまた感じ方が違うんだろうなぁ。

book  3冊めは、How the Forest Grew。

 図書館で日本語版をみつけて、絵がすてきでいいなと。1200語ほどの絵本です。

 農地を放置すると雑草が増え、やがて森に変わっていく。そういう植物の遷移の過程を描いている。

 モノクロの線描画がきれいなの。

 これは森が成長する話なんだけど、逆にいうと、農地ってほっとくと森に還ってしまうわけで、農地を農地として保っておくには常に人の手がかかっているってことだよね。

| | Comments (2)

Cathedral: The Story of Its Construction

book by David MacAulay

 The Pillars of the Earth を読んだら、やっぱ次はこれでしょう!ってことで。いや、The Pillars of the Earth の途中で読んだほうがよかったかも。

 ゴシック様式の教会(聖堂?)を建築する過程を描いた絵本です。

 多読をはじめた頃に買った絵本なんだけど、当時は文章がさっぱりわからず、絵をみて終わりにしてました。

 今読んでみると、まさに The Pillars of the Earth の世界。こっちのほうが100年くらい後ですけど。

 これだけのものを作ろうと思ったら、そりゃ時間かかるわ。納得。

| | Comments (0)

Curious George

book H. A. Rey (著)

 うーん。かわいいからいいんだけどさあ。つかまえてつれてきちゃうのはいいのかぁ? と、ソコにつっこんだら、お話が成立しないか(^^;

 これってどう判定するんだろう、と、SSSの書評をみたら、YL1.3だって。なるほどねー。やさしい英語の本ということで評判いいけど、多読をはじめたばかりの頃のわたしには長くて読みにくく感じたなぁ。そんな思い出のある一冊です。927語。そりゃ長く感じるよね、といまさら納得。

| | Comments (0)

A New Coat for Anna

book

Harriet Ziefert (著)、Anita Lobel (絵)

 戦争が終わった。けれど物資は不足している。Annaが何年も着続けた冬用のコートはもう小さくなってしまった。新しいコートを買わなくちゃ。けれど家にはお金もないし、お店にコートも売ってない。さて、どうしましょう。

 著者は1941年アメリカ生まれだそうなので、実際にこういう体験をしたわけではないのだろうけれど、でも物資の不足はあっただろうなぁ。
 Anita Lobel のイラストがあたたかみはある。けど、ほんとはこんなものじゃなかったんだろうなぁ、、、と彼女の幼少期を思うと複雑な気持ちになる。

| | Comments (0)

Wings

book

Jane Yolen (著), Dennis Nolan (イラスト)

図書館で借りた絵本です。ギリシア神話にある「イカロスの翼」のお話。

小さい頃に読んでいたはずだけれど。そうか、どうして空を飛ぶことになったのかって、こんないきさつだったのね。

| | Comments (0)

The Story of Ferdinand

book Munro Leaf (著), Robert Lawson (イラスト)

 Ferdinand という雄牛のお話。

 ああ、なるほど、スペインだからこういう展開なのね~。

 よかったです。とぼけたおかしみが笑えた~。でね、笑っておしまい、じゃないところが、いいんだね。

 モノクロの絵がかっこいいの。強い太陽光線とくっきりとした影。パワーの伝わる絵です。

 絵本から伝わる時間の流れ方が心地よい一冊でした。

| | Comments (0)

A Chair for My Mother

book Vera B. Williams (著, イラスト)

 どういう話なのかまるで知らずにページをめくりはじめました。

 さいしょの文体は現在形。おや?現在形だ、と思って読んでいると、次に過去のことが語られる。なるほど。そういういきさつがあったのね。で、もういちど現在にもどってお話の幕が降りる。

 夢をかなえるってね、結果だけが大切なんじゃないよ、ってメッセージが伝わります。
 1983年コールデコットオナー賞受賞。

| | Comments (2)

The Miller, the Boy and the Donkey

book Brian Wildsmith

豊田高専図書館にあった絵本です。

びっくりするほど色がきれい。鮮やかでいながら軽い色。どうやったらこんな色が出せるのだろう。

ほぉ~とためいきをつきながらページをめくる手がとまりませんでした。

| | Comments (0)

How I Learned Geography

book by Uri Shulevitz

 Dawn や Snow でおなじみの Uri Shulevitz の2008年に出版された絵本です。いつだったか、オフ会でグルメさんが紹介をされていて知りました。

 内容は、タイトルどおりです。でもね、お勉強のしかたの話じゃないんです。

 Uri Shulevitz の子ども時代を描いた自伝的な絵本。これには心をうたれました。あの状況でこういう行動をするお父さんも素晴らしい(といっていいのか複雑ではあるが)。それに対する少年(Uri Shulevitz本人)の興味のもちかたも素晴らしい。

 食うや食わずの生活していても、心は乾いてしまっていないのです。

 そこにね、ぐっときました。

| | Comments (2)

"Ugly Fish" by Kara Lareau , Scott Magoon

book

He is ugly and mean...
でもね、このとぼけた感がわたしは好き。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧