« September 2011 | Main | November 2011 »

ところ変われば…

 いま、こことヤフーのブログを併用中。

 サービス主体が違うとこうも使い勝手が違うものか、とあらためて驚いています。いままでここ(nifty)しか知らなかったから、ここでできることは当たり前に他社でもできると思っていたけど、違うものですね。

 いちばんの衝撃は、ヤフーブログではアクセス解析ができない点。yahoo ログールという分析サービスがあったそうなんだけど、8月でサービス終了。google の Analytics を埋め込むことも(どうやら)できない(らしい)。仕様なのだろうけど不便です。

 ヤフーのブログのいいところは各種パーツがデフォルトで揃っていて、初心者でもすぐにはじめられるところ。カウンターとかもあたりまえについてるし。そういう点は便利です。

| | Comments (0)

意外と知らないものなのね・・・地元なのに

 Yahoo!のトップページの右側のまんなかあたりに、「地域情報」というコーナーがあります。面白いので、住所をいろいろ設定して日本各地を見てまわるのが好き。

 今朝、たまたまわたしが育った町をチェックしてみたら、こんなブログが紹介されていました。

【街ネタ】橿原市今井町の秋まつり、だんじりを撮った

 がーん…。今井でこういうお祭をやってるんだ。

 今井町は、わたしの中学の学区内。(学区といっても南の端と北の端で離れてはいるんだけど)。 安土桃山時代(かな?)に経済的にたーいへん繁栄した寺内町で、自治都市として「海の堺」「陸の今井」と称されたそうで、いまも古い町並みがよく残っています。

 ってことくらいはすらすらと言えるんだけど(地元だから)、だんじり祭りのことは知らなかった。

 知らなかった自分がくやしいから来年、ぜったい見に行こ! と朝から決意して、では今日も元気に行ってきまーす!

| | Comments (0)

記者ハンドブック 第12版 新聞用字用語集

book

 ひょんなことから「こんな本があるんだよ」と教えてもらいまして、最近、つらつらと読んでいます。

 本来、読みものじゃないんですけどね。でも、読んでいるとおもしろいの。

 タイトルどおり、新聞の記事を書くためのハンドブックです。大方針から実にこまかいところまで、こんなことにまでガイドラインがあるのか~、ってびっくりするような内容ばかり。

 書かれているルールやガイドラインを読んでいると、こまかいガイドラインのその奥に、ベースになっている原則が透けて見えてくるんです。

 ベースになっている原則、それは、
・誤解のないようにわかりやすく読み手に情報を伝えること、だったり、
・記事の中で書かれる人に対する敬意、だったり、
・この情報を伝えることで読み手が元気づけられたり、安全を得られることを優先、という意思だったり。

 毎日届けられる新聞は、とても全部は読みきれなくて、ざっと読んでひもでくくっちゃったりしちゃうんだけど。
 でも、書いている記者さんたちは、こんなにたくさんのルールをふまえたうえで、伝えるべきこと、伝えたいと思っていることを伝えようとしてくれてるんだなぁ、って。

 このハンドブックは、記事を読むだけではすくいとりきれない、書き手さんの気持ちをかいまみることができる点が面白いなぁって思う。

 あれ? ってことはつまり、わたしはこれをハンドブックとしてじゃなくて、小説のような気持ちで読んでる、ってことになるのかな。それってきっと本来想定されているこの本の正しい使いかたからは逸脱しているんだろうなぁ(笑)。

| | Comments (0)

別室を作りました

別室を作りました。
写真が中心のおでかけネタは別室にする予定です(いまのところ…)。
【こちら】

| | Comments (0)

今号もぶじ終了~

 今週はSSS多読通信のお当番でした。だいたい4ヶ月に1度お当番がまわってきます。(今回担当の号はこちら

 お当番の号は毎回じたばたします。ウィークディに書く余裕はないので週末に1日かけて一気に仕上げるんだけど、今回は週末が3連休だったので助かりました。

 多読通信は創刊号から携わっていますから、ずいぶん長い間やっています。

 創刊っていつだった?と思って調べたら、2003年の秋でした。まる8年。ひゃ~、そんなにやってたんだ。自分でもびっくり。

| | Comments (2)

おもしろいなぁ・・・

こんな投稿が紹介されていました。

ぐっぱのときの掛け声は?(Yahoo!の知恵袋)

なんでこんなにちがうん?
みごとにばらばら。
この週末は回答期間中だったのでときどき回答を見にいって楽しんでました。

ちなみにわたしが子どものころは
「ぐっぱでホイ」「ホイ」「ホイ」
「ぐっぱやで」「で」「で」
が主流。

でも
「う~ら、おもて、てってのて」や
「ぐーっぱーでわかれましょ」
もきいたことある。

うちのあたりは新興住宅地だったから、いろいろ混じってた気がするなぁ。

知恵袋の回答期限はあと2日。(ってことは10/13いっぱいくらい?)。回答書き込みたい!という方はお急ぎを♪

| | Comments (0)

名古屋港と鳥羽、2つの水族館に行きました

 週末に、水族館に行っていました。

 先週末は名古屋港水族館。今日は鳥羽水族館です。

 なぜに水族館が続いているかというと、最近地下鉄の吊り広告で「のとじま水族館」のポスターをよく見かけるんです。そういえば水族館、長い間いってないよなぁと思って、ちょっと行くかぁ、と。

 まず、手近かなところで名古屋港水族館。

 先週、予定もなくふと気が向いてふらりと行ったので、入館したのは午後2時すぎ。時間も遅いからぜんぶをまじめに回っているヒマはないなぁ、と思って、自分のお気に入りの場所だけを重点的にまわりました。年間パスポートを買うか一瞬まよったけど、年3回はさすがに行かないかなと思いなおして、今回はスルー。

 わたしの名古屋港水族館お気に入りポイントは下記3つ

 (1)北館のイルカショー(定番ですが外せません)
 (2)北館のメインプールの下にある水中観察窓のコーナー
 (3)南館の黒潮水槽

 (1)のイルカショーは定番なので、解説は不要でしょう。身体は小さいけれど運動能力抜群のカマイルカがわたしのお気に入り。

 通常はイルカたちがパフォーマンスをするショーなのですが、夏の間はトレーナーさんたちもプールにはいってイルカといっしょになってパフォーマンスをします。ドルフィンスイムとかイルカに乗った少年状態を見ることができます。

 わたしは先週(10/2)の15:00からのショーを見たのですが、その回が今年最後のトレーナーさんもいっしょにやるショーだったそうです。冷たい風が強い日だったので、トレーナーさんたちも寒かっただろうなぁ(見てるほうも寒かったけど・笑)。

 (2)のメインプール水中観察窓

 ここは世界最大の水中観察窓なのだそうな。

 ショーが終わったあとのひろーいメインプールをゆったり泳ぐイルカたちを階段状のフロアから眺めることができます。手前のイルカプールの水中観察窓のコーナーはけっこう人が多いんだけど、メインプールの水中観察窓コーナーは人が少なめ。床がカーペット敷きなので、おとなたちは座って、こどもたちは寝転んだりして思い思いに過ごしています。わたしもここではイルカたちを眺めながらのんびり本を読んだりお茶を飲んだりしてくつろぐのが好き。

 (3)の南館の黒潮水槽

 北館がなかったころはここが入場してすぐに目にとびこんでくる巨大な水槽でした。

 カツオやシュモクザメのような大型の魚たちが高速でぐるぐる泳ぎ、そのかたわらでイワシが群れをなしてかたまっている。カツオやサメがイワシの群れにつっこむと、バリアーが張ってあるかのように、そこだけイワシたちがいなくなる。イワシの銀鱗が頭上からの明かりできらきら光って。イワシの群れって群れがひとつの生き物みたいに統率がとれて動くからほんとにふしぎ。見ていて飽きないんですよね。

 赤道の海とか南極の海(ペンギンがいるとこね)も好きだし、水槽は大きくないけどクマノミ水槽も好きです。たまに、岩陰に産みつけられた卵にクマノミがせっせと新鮮な水を送っている姿が見られたりします。ラブリー♪

 んで、今日は鳥羽水族館。

 鳥羽水族館って何年ぶりだろう。少なくとも5年は行ってない気がします。飼育してる動物が微妙に変わったりしてました。

 今回の鳥羽水族館の目的は、アシカ・アザラシの水中窓です。

 アシカを見るだけなら、東山動物園や南知多ビーチランドでも見られるんだけど、大きな水中窓があって水中の様子がぞんぶんに見られるのは鳥羽水族館。

 大きな前ヒレをはばたくように動かしてひゅーんと空をとぶように泳ぐアシカや弾丸のようにやってくるアザラシたちの姿が楽しい。地上から見るのとぜんぜん違うの。彼らは運動量が多いから見ていて飽きないんですよね(ジュゴンやマナティは珍しいんだけど動かないからねー)。

 あと、鳥羽水族館で好きなのはコツメカワウソ。こいつらもちまちまとよく動くから見ていて楽しい。

 スナメリくんも人なつっこくて水槽の前に人がいると寄ってくる。スナメリって顔がいつも笑ってるのよね。こっちまで笑顔になっちゃう。

 今回びっくりしたのがカピバラ。こんなのいつからいたんだ~!? 本物みたの初めてでした。でかいですなぁ。ネズミの仲間とは思えない。カピバラは手前で寝てる子たちが多くて写真が撮りやすいので人だかりになってました。

 あと、セイウチショー。これがすっごくコミカルで。

 2人のトレーナーさんと2頭のセイウチが演じるショータイムなのですが、ばりばり関西のボケツッコミで進行するの。セイウチってのっそりしてるからアシカショーのような華麗な演技はできない。だからセイウチはボケ役に徹してて。セイウチのショーというより、漫才みてるみたいなそのノリが楽しかったっす。

 そういえば鳥羽水族館のお客さんって、圧倒的に関西弁の人が多い。距離としては大阪からでも名古屋からでも似たような距離なのにね~。

 2週連続の水族館めぐり。楽しかった~。さて次はどこの水族館に行こうかな。

| | Comments (0)

大阪湾でザトウクジラ発見

 ええ~っ そんなことが。

 大きさから子クジラじゃないか、と。

 10/9午前に泉大津港でみつかり、大阪府警大阪水上署の警備艇が出動して湾外に出るよう誘導したのだそう。

 ザトウクジラは春に南の暖かい海で出産・子育てをして、夏はえさの豊富な北の海に移動する回遊性のクジラ。
 秋のいまごろって・・・ふつうはどこにいるんだろう? 子クジラっていつまで母クジラといっしょにいるんだろ。
 春のザトウクジラしか見たことないからよくわかんないや(春はよく親子で泳いでる)。

 迷い込んで遡上したり座礁したりしなくてよかった。
 ぶじに外洋に出られているといいなぁ。

| | Comments (0)

行かないようにしてるんだけど…

 活字中毒なので書店は大好き。でも一度入るとかならず何冊か連れて帰ることになってしまうのでなるべく近寄らないようにしています。

 職場から徒歩5分くらいのところに大きな書店があって、行こうと思えば昼休みにでも行けちゃうんだけど、とにかく行かないようにがまんがまん。

 けれども、仕事のストレスがたまったりするともうだめ。もうやってらんないっ!とキレると、気分転換に昼休みにでも向かってしまう。昼休みに書店に行ってもほんの5~10分で帰ってこなくちゃいけないから気ぜわしいだけやんと理性はのたまうけど、感情が言うことをきかない。まあ、書店に行ってほんの10分まわるだけで気分転換がある程度できて、気持ちよくお仕事に戻れるのなら、お昼を食べる時間を削ってでも書店に行ったほうが建設的、と。

 で、行ったら行ったで、時間がなくても何も買わずにって出られないのよね。目につくものでおもしろそうなものをぱぱっと手にとってしまう。

 先週もちょっとそんな日があって、2冊、お持ち帰りしてしまいました。

 1冊目はこちら。

book

『はげまして、はげまされて~93歳正造じいちゃん56年間のまんが絵日記~』

 TVの『ナニコレ珍百景』で紹介されたのをたまたま見てて、うわ、あれ、本になったんや~!と。

 30歳代で息子さんの誕生を契機に絵日記を描きはじめ、毎日描いて、その冊数が大学ノート2000冊以上、という話。それすごいな!と素直に驚嘆。

 だから書店で再会したとき、即お持ち帰り決定。

 どれもユーモラスなんだよね。絵もいいけど手書きの文章がまたぬくもりがあっていい味だしてるん。で、56年の年月がたったの200ページ弱の本になっちゃうの。56年って計算したら2万日以上あるのよ。本1ページが実際には3ヶ月に匹敵ですよ。浦島太郎のお話をライブで見てるみたい。生きてるってすごいねぇ。

 とここまで書いて気がついた。ちょっと待って。2万日で2000冊ってことは、10日でノート1冊ペース? 正造じいちゃんの記録エネルギーすごすぎる。敬服。

 

 さて、お持ち帰り2冊目はこちら。

book

 

 塩野七生さんの新シリーズ。

 ローマもろくに読み終わらないのに十字軍がスタートしてしまいました。追いかけるの大変です。

 ギュスターヴ・ドレって、最近よく見るなぁ。旧約聖書とか神曲とか、つい最近も書店で平積みになってた。そのときはさんざん迷ってやっとのことでお持ち帰りをあきらめたのに。

  ドレと塩野さんの組み合わせで来られたら、お手上げです。くー。

| | Comments (6)

iPod Touch + Bluetooth Keyboard

 ibookPod Touch や iPad の入力用に Bluetooth Keyboard を使いはじめました。

 iPod Touch のこまかいキーボードを使っていたときは入力するたびにミスタッチ連発でいらいらしていたのが、うそのように楽になりました。

 いままで iPad と iPod Touch はもっぱら閲覧用ガジェット扱いだったのが、この Keyboard のおかげで入力もOKな便利ガジェットに変身です。特に iPod Touch + Bluetooth Keyboard は超軽量の小型メモ作成マシンに早代わり。長文もらくらく。

 はじめ手にしたときは、あまりに軽くて、手荒く扱ったらすぐにこわしてしまいそう、と思いましたが、慣れれば気にならなくなりました。いちど使い始めたら、もうこれなしではいられない。「もしもうっかりばき!とやってしまったら、また買いなおせばいいや」とまで思うくらいです。

 これで CTRL+X,C,V が使えたら言うことなしなんだけどなぁ。

 CTRL+X,C,V のかわりに、Win+X,C,V が使えることがわかりました。(便利~!)

| | Comments (0)

今日のyahoo!トップはピンクリボン運動カラーに

 10月1日の今日はピンクリボン運動を応援しようということで、yahoo!のトップページがピンク色になっています。

 ことしは上品なピンクです。
 何年か前の10月1日のyahoo!はすごいビビッドピンクでひいてしまったことがあったなぁ(笑)。

 うちの職場では、「月曜日はピンクドレスコードで」というメールがまわってきた(これも毎年恒例・笑)。

 でも、ピンクの服なんてもってないっつーの。イベントみたいなノリなので強制ではないんだけど、賛同したくてもメールがまわってくるのがいつも直前で、毎年ないもの探して対応に苦慮していたの。

 ところがですね、今年はラッキーなことに連絡が金曜日で実行は月曜日。
 どうせ毎年やるなら、ピンクの服をちょっと探してみますか。

 ということで、今日はショッピングに行ってきました。探すのはピンクの服! スカーフとかストールでもいいかな、とかいろいろ考えつつ、お店を見てまわる。ふだん、わたしが服を買う店にはピンクってラインナップはない。ピンクの服ねぇ。ありえないよなぁ。気分は仮装です(笑)。

 気がむいたらぜひ、ピンクのyahooのトップページを見てみてね。たぶん今日中だとおもー。

| | Comments (2)

健康診断

 秋ですねー。わが職場では健康診断のシーズンです。
 わたしも昨日、受けてきました。

 が、誤算がひとつ。

 健康診断のときは、前日21時以降絶食となります。だから夕食は21時までにすまさなければいけない。

 ところがちょうど四半期末にあたっているので残業。夕食どころじゃなくて。

 けっきょく夕食ヌキ朝食ヌキで午前中に検査。検査が終わったころには身体がひからびてました。

 わたしには、食事を抜くことよりも水分補給ができないことのほうがつらかった。水分って大事だーと、あらためて認識。

 検査でひとつ苦手なものがある。それは眼圧検査。

 目に風をあてるんだけど、あれ、目が痛いのよね。つい目をすがめてしまうから、風がうまくあたらなくて、去年はなんどもやりなおし。もうかんべんしてよ~って感じ。

 今年は「この検査、苦手なんです」とさいしょから白旗をあげた。「じゃあ、まぶたをおさえておきますね」と。おかげで今年は1発で測定終了。よかった~。

 視力検査。わたしは右目と左目でかなり視力が違う。右目が極端に悪い。

 今回も右目の測定のときは画像がちらついてぜんぜんわからなくて適当にそれっぽい方向を答えてた。測定結果は両目1.0。

 なんでやねん~。ぜんぜん見え方ちがってるのに。しかもこんな生活(仕事ではひたすらPCとにらめっこ、家では活字中毒)してるのに、視力があがるなんてありえへん。こんなん職場にバレたら(いや、バレるんですけど)よほど仕事してないねんなってことになるやんか(いや、それも真実かもしれへんけど)。こんな結果、笑うに笑えへん。

 後日、いくつか、昨日できなかった検査をうけることになったので、ついでに頭部CTスキャンも受けることにしました。

 頭部CTスキャンってはじめて。どんなんやろ。楽しみ~、と家人に報告したら「それってあんたの呆けの原因が、天然か老化かが判明するってこと?」と。あのなぁ・・・。

 阿呆な話の連続なので、今回は関西弁モードでエントリー。
 (阿呆な話を阿呆っぽく語るには、やっぱり関西弁のノリがよろしおす)

| | Comments (0)

Amazon が Kindle 新モデルを発表

 Amazon が Kindle 新モデルを発表しましたね。
 やっとまじめに(?)詳細をみてきました。

 カラー液晶タイプ Kindle Fire と従来のモノクロE-Ink の Kindle Touch の2路線。Kindle Fire は Wi-Fi で、バッテリーは8時間。

 わたしは本を読むだけだし、現行の Kindle で不便はないから、Kindle Touch 3G で充分だなぁ。軽い・見やすい・どこでもつながる・バッテリーがもつ、を優先。

 本を読むこと以外の何をしたいかで、Kindle Fire にするかどうかが決まるんだろうな。仕事で Kindle Fire が使えるとは思えないから、あくまで本・映画・ゲームなどのエンタメ用ガジェット路線。通信は Wi-Fi だから、ユーザー側に選択をまかせたってことなのでしょう。

 それより、Kindle DX は値下げしないんですかね。
 さし絵のついた児童書読むなら紙の児童書と同程度の大きさ、つまり DX サイズがいいと思うんだけどなぁ(ユーザーの贔屓目?)。子どもと高齢者には DX と思うんだけど、Amazon さんの姿勢からは DX に肩入れする気概が感じられない。もしかして iPad でいいやんってことかしら。

 なあんて、仕様をながめて楽しんでいましたが、現実には Kindle DX, iPad, iPod Touch を所有してどれもそこそこ使っているわたしとしては、Kindle の新モデルは当面は模様眺め。まだ日本から買えないし。手持ちの Kindle の寿命がつきたときに考えよう(笑)。

| | Comments (0)

« September 2011 | Main | November 2011 »