« The Road from Home: The Story of an Armenian Girl | Main | 多聴のおともに »

The Golden Compass (His Dark Materials)

book

by Philip Pullman

 このお話、すこし前に映画をTVで放映してました。映画の最初のほうを少しだけ見たの。ライラが大学を去るあたりまで。
 それをきっかけにKindleで読みました。

 むずかしいイメージがあったし、1冊ぶ厚いしと、ずっと敬遠してたんだけど、いま読んでみたらそれなりに読めました。

 しかし・・・ダークやなぁ。死屍累々を後にして物語が進んでいってる。主人公がいつも危機一髪なところを辛くもすり抜けるからスリリングなんだけど。

 さむーい場所が舞台なので、冬に読むとリアリティがあります。とはいえうちのあたりでは寒いといっても氷点下にもならないから、北極圏の寒さとは比べ物にはならないだろうけど。

|

« The Road from Home: The Story of an Armenian Girl | Main | 多聴のおともに »

Teens/一般」カテゴリの記事

Comments

かのんさん、こんにちは、ヨシオです。

私は、本を読んでからDVDで映画を見ました。エピソードがだいぶはしょられているので、ちょっとな~、と感じました。でも、一本の映画にまとめるのだから、しょうがないですね。

本は、第一巻どまり、いつになったら第二巻に進めるのかわかりません。最近は、図書館で日本語の本ばかり借りて読んでいます。また、通信講座で「はじめての古文書」もやり始めました。日本語づくしです(笑)。

では~。

Posted by: ヨシオ | 2010.12.25 17:49

かのんさん、こんばんは~。
ヨシオさん、お久しぶです。
今、最終巻The Amber Spyglassを聞いてるところなんですよ。あと1時間ぐらい、終盤にさしかかってます。
どちらかというと……やっぱりダーク、ですね。私もテレビでやっていた映画、何気なく見ていたのですが、こんなかわいいファンタジーじゃないのになぁって思いながら見てました。
(配役のイメージはピッタリなのに……)
2巻、3巻はさらにダークに、さらに壮大になっていきます。特に、第2巻は要の人物があと2人登場して物語が大きく動いくので目が離せませんよ。個人的に一番好きな巻なんです。
音のほうもいいですよ~、作者の朗読プラス、フルキャストという豪華さなんだもの~!

Posted by: プリン | 2010.12.25 21:03

 ヨシオさん、こんにちは。

 本と映画ってやっぱり別ものですよね。10万語の本だと朗読で8~10時間かかる。それを2時間ほどの映画にするんだから、あちこちばっさり切り落とさなくちゃ。その切りっぷりを楽しめるのが映画なのかもしれないですね。

 日本語づくしもいいですねー。わたしも去年は図書館利用の日本語づくしでした。
 しかし、古文書ですか。ひゃー。活字になっていれば学校の古文の延長で読めそうだけど、問題はあの手書き文字ですよね。そちらの世界も奥が深そうですねぇ。深遠なる世界の扉をいま開きたり。Happy 古文書~♪

Posted by: かのん | 2010.12.26 09:08

 プリンさん、こんにちは~。

 おっ、第3巻ですか。そこまでいきついたら、あの人は、この人は、どう展開してるのかなぁ。

 映画、映像はきれいでしたね~(ほとんど見てないけど)。勇ましい女の子がシロクマに乗って、というと、子ども連れの家族で見に行く映画だろうから、あんまりホラーホラーにはしなかったのかな。
 第1巻を読んでいて、あのClockworkと雰囲気が共通するなぁと思って調べたら、ほぼ同じ時期に書かれたみたいです。

 朗読、前半は聞き読みしました。unabridged なのにフルキャスト! プリンさんがお薦めなのもうなづけます。初見で聞き読みするにはわたしにはちょっと早く感じたので、速度75%にして聞いてました。後半は読みで最後までいっちゃいましたけど。
 で。作者の朗読って、ええーっ、あの地の部分を朗読しているのは作者さんなのー!?ひゃー、知らなかった~。イギリス英語が心地よい声だなぁと思ってたの。びっくりー。
 そちらは冬将軍がえらくがんばっていらっしゃるようですが、暖かくしてお過ごしください。

Posted by: かのん | 2010.12.26 09:10

The comments to this entry are closed.

« The Road from Home: The Story of an Armenian Girl | Main | 多聴のおともに »