« Justice: What's the Right Thing to Do? (待機中) | Main | スリー・カップス・オブ・ティー »

『日本人が誤解しやすい英語生活マナーブック』

book  ただいま読書中。

 日本の習慣や日本人のしぐさ、欧米人(Westerners)の習慣やしぐさ、違っていて当然。じゃ、どんなところがどう違うのか、を書いた本です。

 あいさつや、贈り物、電話や結婚式のときのマナーなど。

 著者はアメリカ人で早稲田大学で教鞭をとっていらっしゃるそうな。
 日本人の習慣やしぐさもご存知なので、日本ではこういう場合にこういうふうにするけど、欧米人はこうする、と、比較して書いてくれている。日本人のわたしにはなるほどねーとわかりやすい。

 対訳本なので300ページあってもつまりは内容は半分。
 左ページは日本語。右ページは英語。
 両方みえるとうっとうしいので(日本語はみただけでだいたい内容がわかっちゃうから、英語をわざわざ読む気がうせちゃう)、わたしはしおりをはさんで日本語ページを見えないようにして読んでます。

 日本語モードのときに英文をみるとむずかしく感じるけど、英語モードにはいってしまえばふつうに読める。その切り替えがうまくいかないとうっとうしいので、わたしにとっては対訳本は要注意なのです。

 でもさ、欧米人は名刺を片手で渡すけどぞんざいなつもりはないよ、とか読んでも、実践するとき(があるかどうかも不明だけど)に覚えてるかなぁ(笑)。

 内容は面白いです。

|

« Justice: What's the Right Thing to Do? (待機中) | Main | スリー・カップス・オブ・ティー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Justice: What's the Right Thing to Do? (待機中) | Main | スリー・カップス・オブ・ティー »