« iPad用スタイラスペン | Main | 『日本人が誤解しやすい英語生活マナーブック』 »

Justice: What's the Right Thing to Do? (待機中)

Justice: What's the Right Thing to Do?

Michael J. Sandel

 昨日はオフ会がありまして、そこで話題になっていたのがこの本。
 サンデル教授の『これからの「正義」の話をしよう』です。

 書店でも邦訳が平積みになっているし、日本に来日して公開授業をなさったのをTVで見かけたりしていますが。

 さすがに原書はむずかしそう。部分的にはわかるんだけど。

 ひとまず熟成かなぁ。でもこういう旬な本は旬で読まないとねぇ。
 日本語とシマウマで読もうかなぁ。
 市の図書館で貸し出し状況をみてみたら、在庫20冊、予約数300ですって。15人待ちか。1人2週間として30週、半年以上か。いま読みたいなら買うしかないな(笑)。
 amazon.com.で look inside を見てみた。サンプルで100ページ近くまで公開されてる。全体の30%。どこまで公開するかってどうやって決めているんだろうなぁ。

 どうしようかな。ひとまず Kindle にサンプル送信。別の本を読みながら、頭の片隅で考えてみよっと。

|

« iPad用スタイラスペン | Main | 『日本人が誤解しやすい英語生活マナーブック』 »

Comments

かのんさん、おはようございます。

この本、本屋さんで邦訳版を見て、タイトルを確認して、その場で即、Kindle Storeで検索、サンプルをダウンロードしたのでした。
Kindleの便利かつ危ない部分だわ、と思った瞬間でした……。
サンプルがたまる一方ですが、おかげで本は買わなくなったかも

Posted by: プリン | 2010.09.20 11:01

かのんさん、プリンさん、こんばんは!

私も先日、新聞の記事でみかけて、この本のサンプルをダウンロードしました。
以前なら買っちゃてたと思うので、たしかに Kindle にしてから買わなくなったかも!

Posted by: Julie | 2010.09.20 18:15

プリンさん、Julie さん、こんばんは。

おっと、おふたりともサンプルDL済みでしたか。
あれだけ話題になってると気になりますよねぇ。

PBだったら「わたしには無理」って思っちゃうんだけど
Kindle は字の大きさも変えられるし
辞書もさくっとひけちゃうし
厚さを気にしなくてもいいし、
「とりあえずサンプル」でぽち衝動を逃がしておける。
やっぱりいろいろ便利(やばい?)機械ですねぇ。

そのうちに Kindler じゃなくて Sampler になりそう(笑)

ではでは、Happy Justice sample reading!

Posted by: かのん | 2010.09.20 21:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« iPad用スタイラスペン | Main | 『日本人が誤解しやすい英語生活マナーブック』 »