« Balto and the Great Race | Main | Tales from Shakespeare の朗読データをLibriVoxで入手 »

The Lord of the Rings と Tales from Shakespeare 併行中

 Kindle は併行読みが楽だしね、という理由ではないですが、読みたい本がありすぎるので、併行読みしています。

 今は The Lord of the Rings と Tales from Shakespeare を読んでいます。
 夏だから、夏っぽい本、ほかにもいろいろ読みたいけど、時間不足。

 The Lord of the Rings は55%,Location 15242。換算すると25万語程度かな? FaramirとFrodo が活躍中。本でいうと Two Towers の終盤。ラジオドラマでもここまでは到達しなかった(Book4 のはじめのあたりで中断したような気がする)。朗読CDは気分によって使ったり使わなかったり。
 本をみて思ったんだけど、ここまで読んで読了率55%ってちょっと変な気がする。きっと Kindle 版は物語のあとになにやらいろいろ収録されているのだろう。と思って Kindle 版の後半を見てみたら 81%以降は appendix となっていた。付録で20%。

 Tales from Shakespeare は劇場用にト書きになってるシェークスピアの話を物語の形式に書き直したもの(いま、amazon.com をみたら、Tales From Shakespeare Student Edition Complete And Unabridged っていうお買い得価格版があるじゃないの。があん。別バージョンを買っちゃったよ。価格差4ドル)。

 The Tempest を読了。これってこんなお話だったっけ?と拍子抜けしました。

 The Lord of the Rings を読みはじめたころは、表現が古めかしくて見慣れない単語が多いなぁと思っていたのだけれど、 Tales from Shakespeare にもそういうことばが出てくる。応用は効くわけね。じゃ、いいか、と変に納得。

 いまは The Midsummer Night's Dream を読み始めたとこ。朗読がほしいなぁ。禁断の扉をもうひとつ開けてしまいそう(audible.com のことね)、ってところで先にすすむかどうかを悩み中。

|

« Balto and the Great Race | Main | Tales from Shakespeare の朗読データをLibriVoxで入手 »

Teens/一般」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.