« 花よりも花の如く 8 | Main | ひさびさの日本語読書 »

Kindle DX 使用2ヶ月経過

 Kindle DX を使いはじめて約2ヶ月がたちました。

 いまや手離せない存在になっています。
 通勤電車の中でも読んでいます。片手でつり革、片手で Kindle DX が平気になっちゃいました(握力ついたかも・笑)。
 画面保護フィルタは貼りましたが、カバーはなし(これ以上重くしたくないから)。カバンに出し入れするときにキズがつかないように、カバンの中には Kindle 用の保護袋をいれています。

 Kindle フォントにも慣れてきたようで、だいたい使うフォントサイズがきまってきました。

 Amazon.com の Kindle Store 経由で本を入手して読むことが中心です。
 よく使う機能
  ・Highlight 機能(でもそれを読み返すことはあまりやらない・笑)。
  ・辞書機能(辞書ひいてる感覚がないのがいいです)

 こんな感じかなぁ。自炊もしないし、Hackもしてないし。読み上げ機能も(もともと聞き読みをあまりやらないから)使ってない。ネットで調べることもやらない。ネットをやるならPCで。

 ひとことでいうと、オーソドックスに”本を読む”ことにだけ使っている。機能的には使いこなしているとはいえないけど、この2ヶ月で50万語くらい Kindle で読んでいるんだから充分でしょう。

 紙の洋書を買うことは減りました。というか、1冊も買ってないや。家に未読本、たくさんあるし・・・。(日本語の本は増えるけど・・・)

 ということで「これ以上、洋書を増やさない」という当初の目的は実現できています(いまのところは…)。

 唯一不満なのは、米国でしか買えない本たちのなかに、わたしが欲しい本があること。まあいいんだけどさあ、紙の本は入手できるわけだから。とはいえ、紙の本と Kindle DX を両方持ち歩く気には(いまはまだ)なれないんですよね。

|

« 花よりも花の如く 8 | Main | ひさびさの日本語読書 »

kindle」カテゴリの記事

Comments

>この2ヶ月で50万語くらい Kindle で読んでいるんだから充分でしょう。

すごいな。

うん、Kindle って”オーソドックス”に本を読むことに使うものと私も思う。(ダンベルとしての用途もあるけど

そして、Highlight を読み返すのをほとんどやらないのも同じ!あれって、忘れた頃に読み返すのが面白いんだよね、たぶん。。。

Happy Reading!

Posted by: Julie | 2010.08.29 08:56

〉うん、Kindle って”オーソドックス”に本を読むことに使うものと私も思う。

 そうなのー。「こんなふうにもあんなふうにも使えるよ」っていうのは宣伝広告にはなるけど、使いはじめたら、いちばんよく使う機能が快適であることがいちばんありがたいんですよね。


> (ダンベルとしての用途もあるけど)

 あはは。Kindle(DXじゃないほう)はサイズも重さもまさに文庫とかPBのイメージだから、ダンベルにするにはちょいと不足だけど。

〉そして、Highlight を読み返すのをほとんどやらないのも同じ!

 おお、Julie さんもそうなんだー。
 Highlight って、読むことを中断して手を動かす。それによって「このシーンは Highlight したぞ」っていう記憶を自分の中にすりこむ効果のほうが大きい気がします。

〉あれって、忘れた頃に読み返すのが面白いんだよね、たぶん。。。

 たしかにー。自分用の目次を作ってる感じ。「あのシーンはここ!」みたいな。

 自分の Highlight を見て「あれぇ、なんでわたし、こんなとこに Highlight してるんだろー?」って疑問に思うのもまた一興(笑)。

 自分の Highlight したとこも 表示を ON OFF できたらいいのにって思う。そしたら再読でもあらたな気持ちで読める気がするから。

Julie さんも、Happy Reading!

Posted by: かのん | 2010.08.29 11:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 花よりも花の如く 8 | Main | ひさびさの日本語読書 »