« ハイラム・ホリデーの大冒険 | Main | Blowin' in the Wind »

キーボード交換

 自宅で使っているPCのキーボードがへたってきたので、新しいものに交換しました。いままで職場でも自宅でも、108キー(日本語JISキーボード、テンキーつき)を使ってきたのですが、今回、87キー(USキーボード、テンキーなし)に変更しました。

 キーボードを選ぶのに、職場の近くの家電ショップに行ったんだけど、キーボードを決めるって、むずかしいですね。値段もぴんきりだし、キーの数や形状(押した感触)もさまざま。何を基準で選んでいいんだか・・・って感じで、迷ってしまう。
 1度では決められず、何度かお店に通い、実際にキーボードを叩いてやっと決心。

 選んだのはダイヤテックというメーカー。キーストロークが4mm、深く押せるタイプ、昔ながらの雰囲気のキーボードです。

 今回、USキーボードに変更したんだけど、きっかけは、職場の会議室に設置されたノートパソコンがUSキーボードだったから。
 使ったことがないから、すごく使いづらく感じて、会議室のPCを操作するの、だいきらいだったの。それなら自宅のキーボードをUSキーボードに代えて、使う機会を増やせば、自然に慣れるだろう、と。

テンキーレスのUSキーボードの長所
ポイントは2つ
・テンキーがない分、マウスが近くなる。
・エンターキーがキー1つぶん近くなるから、
 ホームポジションのまま無理なく押せる。

ちょっと不便なのが、かっこや記号系。
微妙に配置が違うので、あれれ?と迷う。
キーボードは指が場所を覚えているから
微妙にちがって押し間違えると、いら~っとする。
早く覚えられるといいね>自分。

 長所と短所をくらべると、圧倒的に長所のほうが大きい。
特に、エンターキーの場所がキーひとつ分、近いって、めちゃくちゃ便利。
(エンターキーが遠くて 小指がつりそうになってたんだもん)

 こんなことなら、もっと早くに代えておいてもよかったかも、なんて思っちゃうところが、我ながらゲンキン。

|

« ハイラム・ホリデーの大冒険 | Main | Blowin' in the Wind »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ハイラム・ホリデーの大冒険 | Main | Blowin' in the Wind »