« むだに過ごしたときの島 | Main | シチリアの少年 »

イスカンダルと伝説の庭園

book ジョアン・マヌエル・ジズベルト (著), 宇野 和美 (翻訳)

 日本では、イスカンダルというと惑星の名前?と思う人のほうが多いんだろうなぁ。でもスターシアはでてきません(笑)。

 あるアラビアの王様が自分の名声を後世に残すため、世にもめずらしいすばらしい庭園を造ろうと思い立ちます。その庭園の設計・造園をまかされたのが、建築師イスカンダルでした。

 絶対的な権力をもつ王の野心の前に、建築師イスカンダルはどんな庭園を作り、どんな行動をとるのか。

 権力をもつ者と権力はないけど技術と知恵と仲間をもつ者。

 短時間で読めてしまいますが、わたしは好きだな、このお話。

|

« むだに過ごしたときの島 | Main | シチリアの少年 »

児童書」カテゴリの記事

和書」カテゴリの記事

中世」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« むだに過ごしたときの島 | Main | シチリアの少年 »