« 妖精ディックのたたかい | Main | キーボード交換 »

ハイラム・ホリデーの大冒険

book ポール・ギャリコ (著), サカイノビー (イラスト), 東江一紀 (翻訳)

 第2次世界大戦直前のヨーロッパを舞台にした、中年アメリカ人新聞記者(といっても、もともとはすご腕の校正係)の波乱の冒険談。

 出版されたのが1939年。ドイツがポーランドを占領した年。この戦争がどこまで拡大するかまだ見えない状況だったのではないかなぁ。そんな緊張感の高まるヨーロッパの都市を主人公のハイラムが彷徨う。ロンドン、パリ、プラハ、そしてスイスへ・・・。

 当時、新聞に連載された小説だそうです。だからなのかなぁ、当時の空気がよく伝わってくる気がしました。

 児童書の分類にされているけど、大人のかたにもおすすめです。

|

« 妖精ディックのたたかい | Main | キーボード交換 »

児童書」カテゴリの記事

和書」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 妖精ディックのたたかい | Main | キーボード交換 »