« お雑煮ばなし その2、ほか | Main | ジュリー―不思議な力をもつ少女 »

わしといたずらキルディーン

book マリー女王 (著)

 子どもの頃、お姫さまってどんなだろう、って思っていたけれど、お姫さまはお姫さまで大変。小さい頃に読んでいたら、このお話、どんな印象をもっただろうなぁ。

 正真正銘のお姫さまが書いたお姫さまを主人公にした物語。おとぎばなし風だけど、描かれていることはかなり現実を映しているように思います。

 装丁とイラストがとても素敵です。

|

« お雑煮ばなし その2、ほか | Main | ジュリー―不思議な力をもつ少女 »

児童書」カテゴリの記事

和書」カテゴリの記事

Comments

かのんさん、MOMOです。今年もどうぞよろしく。
この本、近くの図書館で借りて読みました。
おもしろかったです(^_^)
いつも新しい本を紹介してくださってありがとう。

今年こそたまっている多読本の山を少しは崩したいと思います(^_^.)

Posted by: MOMO | 2010.01.07 14:49

MOMOさん、こんにちは。かのんです。
こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

この本、MOMOさんの心にもとまりましたか。
古き良きというとちょっとちがうかもしれませんが、本が貴重で大切にされていた時代を感じさせる1冊ですよね。

未読本の山。これから読む楽しみが山のようにあると(笑)。
ことしもいい時間がMOMOさんにたっぷりと訪れますように。

Posted by: かのん | 2010.01.08 22:41

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« お雑煮ばなし その2、ほか | Main | ジュリー―不思議な力をもつ少女 »