« 川のほとりのおもしろ荘 | Main | 牡丹さんの不思議な毎日 »

ドイツ語多写

 ひさしぶりにドイツ語本を発掘してきました。プロイスラーの"Krabat"。
 すらすら読むほどやさしい本を大量に集めるのも大変なので、ドイツ語本はこれ1冊。これをノートに筆写しています。
 左のページに英語。右のページにドイツ語。
 対訳方式なわけだけど、日本語と対訳にするよりはわかりやすいので、この方式。辞書は使わず。ただ筆写するだけ。
 ようやく第1部を書き終えて、第2部に突入しました。約1万語。
 ちくちくと書いていたら、家人が「何やってるの?」とのぞきこみ、書いたものをみてひとこと、「なんだ、写経か・・・・」
 写経ちゃうんですけど、と反論しかけてやめました。意外と的確な表現かも。だって内容を理解して書いてるんじゃないもの。わからないけど書くのがおもしろいから書いてる。書くうちになんとなくわかってくる。
 わからないなりにおもしろいんですよね(笑)。 

|

« 川のほとりのおもしろ荘 | Main | 牡丹さんの不思議な毎日 »

ドイツ語」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 川のほとりのおもしろ荘 | Main | 牡丹さんの不思議な毎日 »