« ぼくはジョシュア | Main | ペンスタンドを持ち歩く コクヨNEO CRITZ(ネオ クリッツ) »

ウサギが丘のきびしい冬

book  ロバート ローソン (著)

 ことしはきびしい冬になるぞ。食べ物をうんとたくわえて備えておかなくては。

 ウサギ一家と近隣の動物たちをめぐる冬の物語。
 こういう本を読むと英米ではウサギがほんとに身近な動物なんだなぁ、と思う。

 身近にすむ野生動物と人との関わり方が描かれます。町でくらすわたしには馴染みのない世界だけど、そういう環境ではごくあたりまえの関係なんだろうなぁ、と思ったりもします。

|

« ぼくはジョシュア | Main | ペンスタンドを持ち歩く コクヨNEO CRITZ(ネオ クリッツ) »

児童書」カテゴリの記事

和書」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ぼくはジョシュア | Main | ペンスタンドを持ち歩く コクヨNEO CRITZ(ネオ クリッツ) »