« わしといたずらキルディーン | Main | ベルリン終戦日記 »

ジュリー―不思議な力をもつ少女

book コーラ テイラー (著)

 ほかの人には見えないものが見えたり聞こえない声がきこえるジュリー。幼いジュリーが話す話に、家族は「そんなの頭の中でつくったお話でしょう」というが、ジュリーにとってはほんとにそれが見えている。

 カナダ南部の農場を舞台にしたジュリーと彼女の家族の物語。
 予知能力とかテレパシーとか、わたしは持ってないわけですが(^^;
 あったらあったで大変なんだねぇ。

 でもね、家族のなかでもね、お父さんはそんなふしぎなジュリーをありのまま、すとんと受けとめているの。わかってくれている人がいるということが、どれほど支えになるか。そんなことを考えてしまいました。

|

« わしといたずらキルディーン | Main | ベルリン終戦日記 »

児童書」カテゴリの記事

和書」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« わしといたずらキルディーン | Main | ベルリン終戦日記 »