« イクバルの闘い―世界一勇気ある少年 | Main | 川のほとりのおもしろ荘 »

2010年謹賀新年、そしてお雑煮ばなし

 みなさま、あけましておめでとうございます。
 旧年中はいろいろお世話になりました。
 みなさまにとって今年が実りの多き1年になりますように。

 さて、いまは名古屋から大阪に向かう列車のなかでこの文章を書いています。ポメラでテキストを書き、ケータイから更新する予定です。
 ケータイ、ふだんは全然使わないヒトなので、かばんにいれっぱなしで気がついたらバッテリーが切れてる、なんて珍しくありません。今日も使おうと思ってかばんの中からひさしぶりにとりだしてみたらバッテリー残量1。しょうがないので、駅の売店で充電器を買いました。乾電池でチャージができるなんて、便利なグッズがあるんですねぇ(ケータイ使わないからそういうことも知らない)。

 今朝は雪が積もっていました。名古屋は積雪2センチですって。朝もちらちら降っていましたがだんだん晴れてきました。晴れているのに、ときおり雪が舞います。風に乗って、降ってくるのかなぁ。
関西方面は全然降らなかったのかしら。外をみている限りでは、雪の気配はありません。雪景色のお正月もいいかしら、と思っていたけれど、積もってないならそれはそれで交通機関の乱れを心配する必要がないので助かります。
 列車はお正月だからといって、混んでるわけでもないようです。ふだんの週末とかわらない感じ。お伊勢さんに向かう列車は毎年、混むけどね。

 みなさん、もうお雑煮は召し上がりましたでしょうか。わたしは家人の実家(ここらでは「在所」というらしい)でいただいてきました。お雑煮って地域によって、家庭によって違うのがいいですよね。
 家人の実家は名古屋市内。だしは煮干し・昆布・干しシイタケ。しょうゆ仕立て。角餅で、野菜はもち菜と呼ばれる菜っぱがはいるだけ。義母いわく「尾張は、こういうときには逆に質素なのよ」とのこと。いろいろ入れるから雑煮と言うのだろうけれど。でも、わたしの実家もシンプルなお雑煮なので全然違和感がありません。
 母が作るお雑煮は父の家の流儀なのだろうけれど、カツオだしに丸もち、すまし仕立て、以上。餅以外なにも入らない、というレシピです。
 母の実家は「小豆雑煮」なのだそうですが、わたしは冬に祖父母の家に行ったことがないので食べたことはありません。「ぜんざいみたいなもの?」と尋ねると、母は、甘くないからちょっと違うかなぁ、とのこと。うーむ、想像がつかない。祖母が生きてるうちに作ってもらえばよかった。来年、母にリクエストしてみようかしら。
 ちなみに奈良は白味噌仕立てで、里いもやら何やらいろいろ入るそうです。それって具だくさんのお味噌汁にお餅がはいっているようなものかなぁと想像しているのだけれど。奈良在住の姉に明日会うからきいてみようかな。

|

« イクバルの闘い―世界一勇気ある少年 | Main | 川のほとりのおもしろ荘 »

雑記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« イクバルの闘い―世界一勇気ある少年 | Main | 川のほとりのおもしろ荘 »