« スウェーデンの森の昔話 | Main | A New Coat for Anna »

ラウラの日記

book

ロベルト ピウミーニ (著), Roberto Piumini (原著), よしとみ あや (翻訳)

 翻訳ものの児童書を選ぶときには、原書が英語以外のものが多くなります。英語の場合は「同じ読むなら原書で読みたいな」と思ってしまうから、あとまわしにしちゃうのよね(実際には日本語で読んでしまったほうが時間がかからずにすむんだけど)。
 英語以外なら、どうせ原書で読めないから日本語で読んじゃえ!と。

 ということで、これはイタリアの作家さんの本。

 ラウラという小学校4年生の女の子の日記です。モロッコからやってきたアムという級友と彼のおじいさんのお話。

 そうか、イタリアならモロッコってすぐ近くだもんね。こういう出会いもあるわけか。 移民してきた人たちがこの国で生活をする。現実はいろいろあるんだろうけれど。
 地図でみて距離感はわかっているつもりだけど、こんなふうにお話で読むとイメージがさらにつかめます。

|

« スウェーデンの森の昔話 | Main | A New Coat for Anna »

児童書」カテゴリの記事

和書」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« スウェーデンの森の昔話 | Main | A New Coat for Anna »