« Storm Catchers | Main | ペロー昔話・寓話集 »

北のはてのイービク

book

ピーパルク フロイゲン (著), イングリッド・ヴァン・ニイマン (イラスト), Pipaluk Freuchen (原著), 野村 ひろし (翻訳)

 グリーンランドに暮らす少年イービクの物語。イービクの家族は、夏の間、グリーンランドの小さな島で一家だけで暮らしていた。ところが父が狩りのとちゅうで落命。イービクはまだ狩りができるほど大きくない。狩りができなければ一家は食べるものに困る。冬まで持ちこたえ、海が氷結すれば本土に助けを求めにいけるのだが、それまで持ちこたえられるのか。

 100年くらい前のエスキモーの生活なのかなぁ。フィクションだけれど、極北で暮らす伝統的な生活ってこういうことなんだなぁ。

|

« Storm Catchers | Main | ペロー昔話・寓話集 »

児童書」カテゴリの記事

和書」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Storm Catchers | Main | ペロー昔話・寓話集 »