« 読了本をイヤープランナーにメモ | Main | RDG レッドデータガール はじめてのお使い »

ふたごの兄弟の物語

book

トンケ・ドラフト (著, イラスト), Tonke Dragt (原著), 西村 由美 (翻訳)

 ラウレンゾーとジャコモはふたごの兄弟。みかけはそっくりで入れ替わってもだれにもわからない。でも性格は全然ちがう。そんなふたりが子どもの頃から成人してゆくまでを楽しく描いた物語です。

 ふたごであるゆえに勘ちがいされて騒動がおこったり、それを利用して難題を解決したり。それが楽しいのだけれど、なによりすてきなのは、ふたりの誠実さ。お互いを信頼し、他人に対しても誠実に、でも、きちんと自分の主張をわかってもらうように努力する。周囲の人たちも2人の誠実な人柄を理解して、信頼してゆく。それがとても読んでいて楽しく、また心地よい。

 オランダの子どもたちに長く愛読され評価された『王への手紙』の著者トンケ・ドラフトさんの作品です。

|

« 読了本をイヤープランナーにメモ | Main | RDG レッドデータガール はじめてのお使い »

児童書」カテゴリの記事

和書」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 読了本をイヤープランナーにメモ | Main | RDG レッドデータガール はじめてのお使い »