« 梅雨は明けるのかな? | Main | モギ ちいさな焼きもの師 »

大海の光  ステフィとネッリの物語4

book  ステフィとネッリの物語の最終巻です。

 「第4巻は7月出版予定」と新宿書房のHPで知っていたので、7月になってからいまかいまかと待っていたのだけれど、発売日がちっとも明記されない。結局、7月30日だったようです。だったらさいしょから「7月末」って書いてくれたらいいのに。

 という愚痴はさておき。

 最終巻でございます。

 やっと戦争が終わりました。

 戦争が終わったら終わったで、また、変化の大波がステフィたちにはふりかかってきます。

 戦争がはじまって、ステフィたちがスウェーデンにやってきて5年。
 5年かあ。成長期の子どもにとっては、長い。戦争がなければ、こういう人生じゃなかったはず、と思ってしまう。

 テーマがテーマだけに、どう物語をしめくくるのかな、とは思っていたけれど。 ステフィとネッリだからね、自分の人生を自分できちんと決めていくところが素晴らしかった。時間はかかるし、迷うけどね。最後は凛としてて。

 いいお話でした。

book

 このシリーズ、ことし(2009年)秋に英語版の第1巻がでるらしい(原書はスウェーデン語。ドイツ語版はずいぶん前にでている模様)。

 さてそっちはどうしようかなあ・・・と思案中。

|

« 梅雨は明けるのかな? | Main | モギ ちいさな焼きもの師 »

Teens/一般」カテゴリの記事

和書」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 梅雨は明けるのかな? | Main | モギ ちいさな焼きもの師 »