« 大海の光  ステフィとネッリの物語4 | Main | リトルベアー 小さなインディアンの秘密 »

モギ ちいさな焼きもの師

book   リンダ・スー・パーク、片岡しのぶ訳 

タイトルの名前と「焼きもの師」ということばから、欧米が舞台ではなさそうだけれど、どんなお話だろう、と、以前から気になっていました。
 図書館でえいっと借りてみたのですが、おや、原書は英語(米語)なんだ。ほお。

 舞台は12世紀後半の韓国(日本でいうと室町時代)。
 陶芸の盛んな村チュルポで暮らす12歳の少年モギ。みなしごの彼が陶芸家の親方のもとで見習いをはじめたところから物語がはじまる。

 日本語訳を読みましたが、これはこれでよかったかな、と思います。

 いいお話なので、英語版(原書)で再読したいな。原書はこちら。2003年度ニューベリー賞受賞だそうです。

book

|

« 大海の光  ステフィとネッリの物語4 | Main | リトルベアー 小さなインディアンの秘密 »

児童書」カテゴリの記事

和書」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 大海の光  ステフィとネッリの物語4 | Main | リトルベアー 小さなインディアンの秘密 »