« 暑い夏に熱い飲み物 | Main | ほんたった »

日食

7/22は日食。

仕事を休んでのんびり観測する予定だったのですが、1週間前になって急ぎの仕事がはいったため、いつもどおり出勤することになってしまいました。

職場には窓もあるし、職場の人たちとわいわい言いながらときどき空を見上げていました。お天気良くなくて残念でしたけど(おぼろ日食)、日々いっしょに過ごしている人たちと見られて楽しかった! 鏡を使って太陽光を壁に反射して「これって欠けてる??」なんていいながら。

晴れていたら、木漏れ日で日食を観測、っていうのをやってみたかったんだけどなあ。

流星群はうす雲が広がっているだけでも観測できないけれど、月食や日食は薄い雲なら透けて見えるから気が楽ですね。

日食や月食、流星群などは、空からの贈り物。

次は2010年1月15日夕方の部分日食。
あ、でも、その前に。
8月13日ペルセウス座流星群、こっちも楽しみ♪

|

« 暑い夏に熱い飲み物 | Main | ほんたった »

雑記」カテゴリの記事

Comments

かのんさん、こんにちは。

どこの職場でも似たようなことやってたんですね。
雲の隙間から時折太陽が顔を覗かせるという微妙なお天気でしたが「今ちょっと見えるみたいよ」の声で何か黒いものはないかとゴミ袋を持ち出して外へ。
外に出ると、隣の歯医者さんの先生と看護婦さんもなにやらカメラみたいなのものを覗きながら空を仰いでいました。
外に出てはみたものの、太陽が日食で隠れて暗くなっているのか、はたまた雲が空を覆っていて暗くなっていたのか、結局太陽の場所も特定できずに、ゴミ袋じゃぁねと、すごすご引き返してきました。

その夜、テレビでしたけど、見た日食はきれいでした。26年後、後期高齢者のお仲間になってるけど、元気だったら見てみたいです……。

Posted by: プリン | 2009.07.26 13:21

プリンさんも見ていらしたのですね。

ゴミ袋ってところがかわいいなあ。
あの日は特別。だって見たかったんだもん、その気持ちがあれば、なにをやっても笑ってすませられる気がしません?

職場はビルの4階。就業時間中なので、さすがに外へ出るのははばかられる。で、窓辺から観ていたんですけどね、町を歩く人たちも立ち止まって上を見上げていたりして。

太陽も月もひとつだけ。あの日はいつもよりきっと多くの人が同じ太陽・同じ月を見ていたんでしょうね。

子どもみたいにわくわくしながら空を見上げました
見える・見えない、よりも、みんなでいっしょに同じ空を見上げるっていう体験が楽しかった。

あの日、あの時間にいっしょに見ていたプリンさんに、遅まきながら冷たいビールでカンパーイ!

(いま、シシャモを焼いたので酒飲み気分なのだ・・・)

Posted by: かのん | 2009.07.26 19:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 暑い夏に熱い飲み物 | Main | ほんたった »