« 『夜明けの少年』 | Main | 茶殻とほうきでおそうじ »

砂絵

『夜明けの少年』を読んでいたら砂絵を描くシーンがありました。

儀式のために描いて、儀式が終わると砂絵も崩してしまう、とあります。

一度、名古屋市立博物館でチベット僧によって描かれた砂絵マンダラをみたことがあります。(2004年のことらしい)
砂だから息をふきかけただけで崩れてしまう。
だから、見る人すべてがだいじにしないといけない。

そういう繊細なもの、すぐに崩れてしまうものだからこそ、崩れないでいる間は聖なる力がやどるのだろうな。

|

« 『夜明けの少年』 | Main | 茶殻とほうきでおそうじ »

雑記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 『夜明けの少年』 | Main | 茶殻とほうきでおそうじ »