« 読書105-106 | Main | ポメラ その2 文字の大きさ »

ポメラ

book

 これはふつう読書グッズとは言わないのだろうけれど、わたしにとっては読書グッズです。簡単にいうと、テキストデータ入力ができる機械。通信機能もない。扱えるのはテキストデータだけ。機能はごくシンプルなツールです。

 ふだんからノートPCを持ち歩いてる人には不要だろうし、ちょっとしたメモなら手書きのほうがよほどフレキシブルでコストも安くてすむ。

 なのですが、わたしはけっこう気に入って使っています。ポメラの便利なところ。

①この小ささが好き。ちまっとコンパクトなくせに、ちゃんとテキストデータが書ける。
②液晶が見やすい。
③キーボード、慣れればブラインドタッチでがしがし打てる。
④単4電池で20時間稼動できる。1週間くらいなら充分もつ。
⑤しかも、スタート・シャットダウンがほんの2~3秒。この早さはすばらしいです。さっと開いて、ちまちまっと打って、ささっとしまえる。

 1ファイルは8000字までとか、データのやりとりがUSB経由だけとか、不便な点もあるけれど、それでもこの機動性のよさは魅力です。

 会議とか営業打ち合わせなどに使うことを想定して開発されたようです。けど、こんなシンプルなツールをよく開発OKにしたなぁ。英断だ。

 ポメラの使い方。わたしは外出先で使うこともありますが、多いのは家の中で使うケース。家でテキストを打つならパソコンでテキストエディタを使えばすむのだけれど、PCってネットサーフィンとかメールも併用できてしまうので気が散る。ポメラならそもそも書く機能しかないので、書くことに集中できる。ひざ の上にのせて打つことができるので、本を読んでるときに傍らに広げておいて、思いついたことをささっとメモっておく。あとから調べたいことも書いておく。読書が一段落したらぐっときた箇所を引用したり、疑問点を調べた結果を追加したりしています。

 PCとファイルの同期をとる方法については少々試行錯誤をしましたが、ポメラファイルをPCで編集したいときはPCにコピーせずにPCとポメラをUSBでつないだまま、PCから直接ポメラのデータを編集するという方法でいまは解決しています。この方法ならポメラ内のファイルをPCで編集してもポメラで編集しても、更新するファイルは1つなのでファイル管理が単純ですむので。

 ポメラはメモ帳にしてはお値段がバカ高し、ノートPCと比べるような機能ももたない。こんなツールを喜んで使う人は少数派なんじゃないかと思いますが、使う機会の多い人には便利なツールだと思います。

|

« 読書105-106 | Main | ポメラ その2 文字の大きさ »

文房具」カテゴリの記事

Comments

かのんさん、こんばんは。
深夜徘徊していたら、面白そうなので来てしまいました

確かに値段を見たら
ケータイを使わない私にとっては、ミニノートとかいいなぁ?とも思っていますが、所詮無線データ通信。
しかし、でっかいPCを起動してテキストを動かさなければならないのは、面倒です。。。

それにしても、昔の分厚いワープロ時代を考えると、便利になりましたよね~
「ポメラ」と言う名前が良いです…わんちゃんのポメラニアンが好きなので。

Posted by: パッチ | 2009.05.17 01:24

パッチさん、こんにちは。かのんです。

お、ポメラニアンがお好きですか。毛足がふさふさと長くてぬいぐるみみたいに可愛いよねぇ。

ポメラって、使えるかどうかよくわからないけど一見おもしろそう、って思わせるメカでしょ。

テキストデータを動かしたいだけなのに、高くてでかくて重いノートPCを持ち歩き、起動ボタンを押して稼動できるまで2分待って、なんてやってられないよー!という人にはうれしいメカだとは思う。
ケータイ電話にキーボードを接続したらポメラより便利かもしれないけど、バッテリーの稼働時間が比べ物にならない。ケータイってあっというまにバッテリー切れになるから。

とはいえ結局はただのメモツール。

メモは手書きがいいか、データがいいか、っていう選択になるんだと思います。

手書きのよさ、データのよさ。

それぞれあるから、個人が重要視する要素に応じてツールを選べばいいのかなぁ、なんて思っています。

わたしはポメラも手書きも併用。ポメラで書いたテキストを閲覧するためにプリントアウトしてメモ帳に貼り付けたりしてるし。

ポメラはどこでも手軽に文章を書きたい、データにしておきたい、という人向けツール。それってかなりニッチな要望だと思うなぁ。。

ところでね、ポメラってデータ格納用にMicroSDカードが装着できるんだけどね、これが容量2GBで600円くらいなの。安いから2GBを装着してるけど、テキストデータで2GBって、、、どれだけ膨大やねん、ぜったい書ききれないし読みきれない(^^;;

Posted by: かのん | 2009.05.17 07:32

かのんさん、こんにちは。

すごく興味あります。
これだったら、聞こえない方とのちょっとした会話のとき便利かもと思いました。
表示文字の大きさが最大どの程度なのかが気になりますが、PCだと広げるのが面倒だし、小型のホワイトボードだと書いて消すという作業が面倒だし、もちろんメモとして活用してもいいし、検討してみる価値がありそうです。ご紹介、ありがとう。

Posted by: プリン | 2009.05.17 08:29

プリンさん、こんにちは。かのんです。

筆談の代替ってことですね。なるほどねー。キーボード入力に慣れた人同士なら、使えるかもしれないですね。

コメントでお返事しようと思ったのですが、URLが長かったので、新記事にしました。参考になれば幸いです。

Posted by: かのん | 2009.05.17 09:53

かのんさん、今日はいろんなグッズを見せていただき、ありがとうございました!ポメラ触ってみたかったので、嬉しかったです。1万円切っていたら、即買いなんですけどね・・・。悩ましい価格!

Posted by: acha | 2009.05.24 23:38

いまの価格はたしかに悩ましいですね。
定価(2万7千円)だったらわたしもぜったいに買わなかっただろうし、いまでもやっぱり高いと思います。
まあ、楽しい道具ではありますけどね。

Posted by: かのん | 2009.05.28 21:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 読書105-106 | Main | ポメラ その2 文字の大きさ »