« 読書95-96 | Main | お散歩がてら図書館へ »

ヘルツさんの新作革リュック

 革のかばんが大好きです。革素材は、使いこむうちに味が出てくるところが楽しい。去年の秋ごろ、10年以上ほぼ毎日使っていたかばんがさすがにくたびれてきて、新しいかばんを探していました。同じ形のものが欲しかったので、販売元に問い合わせたけれど、残念ながら5年以上前に廃番になっていてオーダーを受け付けられない、と断られた。

 わたしは常に本を複数冊、おまけにヘッドフォンやらCDプレーヤーも持ち歩くし、仕事帰りには食材も買わなくちゃいけない。重くなるからデザインは3WAY(手もち・ショルダー・リュック)が必須条件。通勤に使うから、ある程度かっちりした雰囲気のものがいい。けど、そんな革のかばんはなかなか見つからない。

 A4ヨコタイプのかばんを使ったこともあるけど、A4ヨコだとかばんが肩幅とほぼ同じくらい。すると、駅のエスカレータのようなせまい場所で、人によく当たっちゃう。やっぱりA4サイズだと縦型のほうがいい。

 さがしあぐねて、以前から気になっていた Herz さんのお店にうかがって、作っていただいたのが、今使っている新しいかばん。A4サイズの書類がらくらく収納できる、ランドセルのような縦型の革かばんです。

 

Herz さんのHPを見たら、最近、作っていただいたのとよく似たかばんがラインナップに加わったようです。名前はガロンリュックですって。サイズは作っていただいたものより若干幅がせまいですが、機能はほぼ同じ。でも、かばんの顔(デザイン)はけっこう違う。このデザインにも惹かれます。けど、作っていただいたかばんは少なくとも向こう10年は使えるだろうから、わたしがオーダーするのは10年以上先の話でしょうね。

 大好きな Herz さんのかばん、たくさんの人に愛用してもらえますように。

|

« 読書95-96 | Main | お散歩がてら図書館へ »

雑記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 読書95-96 | Main | お散歩がてら図書館へ »