« 読書46-50 | Main | 読書51-53 »

雨降って

 姉が緊急入院した、と、母からメールがはいったのは10日ほど前のこと。その後、胆石症と判明してひと安心。ああ、よかった。治る病だ。

 姉が入院したその日は姉の子たち(双子です)の高校受験の前日の夜。子どもたちも大変だったみたいです。試験に備えて早く寝ようと思っていたのに、入院のために必要なものを義兄がそろえるのを手伝ったり、翌朝はお弁当のしたくを自分たちでしたそうな。子どもたちももう中学3年生なので、自分たちでいろいろできる。

 昨日は姉の見舞いに行ってきました。甥は「今日のハヤシライスの味付けはぼくがやってん」と得意そう。姪は「おかーさん、早く帰ってきて。おばあちゃんが洗濯物を干すと首のところが伸びるねん」。もんくをいうなら自分で干しぃさ、と笑いたくなる。

 子どもたちは希望の学校にそろって合格したらしく、姉も義兄もほっとしたようです。

|

« 読書46-50 | Main | 読書51-53 »

雑記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 読書46-50 | Main | 読書51-53 »