« 読書54-56 | Main | 読書57-60 »

Krabat ドイツ語版朗読CD

book Krabat [Audiobook] (CD) Otfried Preussler (著, 監修)

 ドイツの児童文学作家オトフリート・プロイスラーの『クラバート』の朗読CD,ドイツ語版です。

 このお話は日本語版と英語版を読みました。とてもお気に入りです。お気に入りが長じてドイツ語版(原書です)も手元にあったりするので、ちらっとドイツ語版をながめてみようかなぁ、とおもったのがことのはじまりです。

 ちなみにわたしはドイツ語、いっさいわかりません。

 まず、英語とドイツ語の本を使って対訳で読もうとしたんだけど、挫折。

 で、英語とドイツ語の対訳ノートを作りはじめました。

 対訳ノートというのは、ノートの左ページに英語版を筆写して、右ページにはそれに対応するドイツ語を筆写する、というだけ。筆写するだけだから辞書はいっさい使いません(というか、ドイツ語の辞書をそもそもわたしは持ってない)。

 いま、第1部の第4章のとちゅうくらい、約6000語分くらいを筆写終了。ドイツ語はさっぱりわからなくて当然と思っていたら、意外と英語から類推できるところもあるので、けっこう面白いです。

 でも発音はさっぱりわからない。発音が知りたいので朗読CDを探したら、なーんと、あるではないですか。(これってほんとに朗読CDなの?映画のサントラとかじゃないよね?とかなり疑心暗鬼な状態で発注したのですが、届いたCDはちゃんと朗読CDでした。あー、よかった。)

 で、ドイツ語版朗読CDで聞き読みしています。Abridged版なので、聞き読みするのもけっこう大変ですが、筆写ノートで聞き読みしてると英語をちら見できるので、いまはあのシーンか、とわかる。するとドイツ語がわかるような錯覚が体験できる。

 対訳ノートを筆写するには莫迦みたいに時間がかかるので、1冊まるまる手書きはむりだろうと思っていますが(6万語もあるんだもん)、6万語の英語とドイツ語を書き写し終わったときに、まるっきりわからなかったドイツ語がどう変化しているのか、楽しみなような気もして・・・。

 飽きたらさっさとやめるだろうけど、いまはけっこう面白いと思っているので、面白がってる間は対訳ノートづくり&聞き読みを続けてみようかなぁ、なんて考えています。  

|

« 読書54-56 | Main | 読書57-60 »

ドイツ語」カテゴリの記事

Comments

かのんさん、こんばんは。

今、掲示板にも書いてきたんですが、
私も同じの買って聞いてたんですよ~。
そうか~ぁ Abridged版でしたか。
どうりで聞き読みしてて迷子になるわけだぁ!
ドイツ語は気が向いたときの気まぐれ多読なので
なかなか進歩なしです……
では。

Posted by: プリン | 2009.03.25 22:29

プリンさん、こんにちは。かのんです。

迷子になるよね~。

わたしのドイツ語ヒアリング力は登場人物がわかるだけ、という状態。
なので、名前をきいて、いまはこの人とこの人がいるから、あのシーンかな? と類推しています。

Krabatの朗読、1章と2章は大部分が読まれてるみたいだけど、3章以降は一気に編集されてるみたいです。(3章以降はまるでどこを読んでるのかわからない・・・)。

それにしても、まさか自分が英語以外の言語に手をだすことになろうとは、夢にも思わなかったなぁ。。。

おたがい、マイペース多言語でいきましょう♪

Posted by: かのん | 2009.03.28 08:41

はじめまして。
小学校のとき初めてクラバート読んでハマッた一人です。
それで、もし良ければ是非教えていただきたいんですが、英語版とドイツ語版の本はどうやって入手すれば良いでしょうか??
自分もドイツ語の原書を読んでみたいと思ってまして・・・挫折必至ですが^^;

Posted by: 修理 | 2011.01.08 01:58

 修理さん、はじめまして。

 『クラバート』との出会いは小学校のときですか。うわー、その頃に読んでいたらどんな印象だったのかなぁ。(わたしはおとなになってから読んだので)。

 さて、英語版とドイツ語版の入手ですが、わたしはどちらもネット通販で入手しました。
 英語版は『Satanic Mill』というタイトルです。いまは古書でしか入手ができないようです。

 ドイツ語版のタイトルは『Krabat』。こちらも古書(新古書もあるようですが)のようです。

 古書の入手方法ですが、わたしがよく使うのは Amazon.jpと紀伊国屋、Amazon.com です。価格は出品者によってばらついています。ドイツ語版は比較的ましな価格ですが、英語版は品薄なようでかなりいいお値段がついています(円高だから多少はましですが)。各サイトの出品状況や送料などを比較して検討されるといいんじゃないかと思います。

 ことばの意味がわからなくても日本語版と比較すればどのあたりがどのシーンなのかはわかりますから、好きなシーンを「意味はわかんないけど、原書だとこんなふうになるのかぁ」と眺めるだけでも楽しいですよー。

Posted by: かのん | 2011.01.08 06:34

詳しく教えていただいてありがとうございます。

早速調べてみようと思います!
ありがとうございました!!

Posted by: 修理 | 2011.01.08 21:35

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 読書54-56 | Main | 読書57-60 »