« 近況報告 | Main | 独自の文化・思想をもつ人々が共存する社会 »

Ana, Jose, Nacho  MECANO

book

 

  1980年代に活躍したスペインのポップミュージックグループ MECANO のアルバムです。最後のベスト盤、なのかな(詳しくは調べてない)。

 テクノポップスなんだけど、メロディがやっぱりスペイン。力強いドラム、情熱的なリズム。明るい曲もあるけれど、明るく熱い中に哀愁がある。そんな曲が多い。フラメンコなリズムの曲があったりしてお国柄がでてる。

 歌詞はスペイン語。インポート盤なので日本語解説はない。当然、わたしは意味が全くわからない。

 昨日、ふとこのバンドのことを思い出して、聴いてみました。英語多聴に忙しくて音楽を聴くことからも遠ざかっていたからなぁ。

 聴きなおすと、うーむやっぱりこのリズム、メロディ、展開、音づくり、好きだなぁ。

 多読をする前は見向きもしなかった歌詞を、今回はListening Reading しました。さっぱりわからないなりに、ところどころ知ってることばもある。でも基本的にはわからない。文字と音の関連はフランス語よりは拾いやすい(気がする)。

 ふだん、英語ばっかりせっせとやってるけど、ふと気がついて、まわりを見渡すと、ほんとにたくさんの言語が世界にはひろがっているんだよねぇ。言語の数だけ、民族の歴史があり、文化があり、その言葉を使う人たちがいる。言語ごとに固有の何かがある。ことばっておもしろいなぁ。

|

« 近況報告 | Main | 独自の文化・思想をもつ人々が共存する社会 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 近況報告 | Main | 独自の文化・思想をもつ人々が共存する社会 »