« 柿と大根の甘酢漬け | Main | 近況報告 »

Le Petit Prince 朗読CDと本

 丸善の洋書コーナーをまわっていて、Le petit Prince の朗読CDが目にとまりました。そういえばフランス語ってまともに聞いたことがないなぁ。ということで興味本位でお持ち帰りしてしまいました。

 フランス語、いちおう大学のときに第二外国語で単位をとりました。だけど、1年やっただけだし、なにをしてどう試験を乗り切って単位を取得したのか自分でも不思議なほど、何も覚えていません。
 音だけだと子守唄になってしまうだろうから、聴き読みをしてみました。

 いやぁ、おもしろい! 今、どこを読んでるのか探して見つけ出すのがゲームみたいなの。音を聞きながら、いま、どこだろう?と探すんだけど、音と文字のつながりが予想と全然違うから、なかなか見つけられないの。へぇ~、この音がこういう文字になるのかぁ。段落の切れ目とか、1単語の会話文(Non! とか)があると、あ、今、ここなのね、ってわかる。

 文章をながめていると、思った以上に英語と共通する単語が多いことに気がついた(意味が同じかどうかはわからないけれど)。なるほど、こんな混ざり具合なのか。けど、音は全然ちがうみたい。important とか grand とか。

 この本、レベルでいうときっとYL4とか5になるんだろうなぁ。音があると音と文字のつながりに慣れるだけでも面白い。内容が知りたければ、日本語訳を読んでしまえばいいわけで。

 フランス語多読をやろうという気はさらさらないんだ。けど、フランス語の世界はどんな世界なのかな、って、ちょっと覗いてみた、って感じです。

|

« 柿と大根の甘酢漬け | Main | 近況報告 »

雑記」カテゴリの記事

Comments

かのんさん、こんばんは。

フランス語ですか。昔、あこがれましたね。大学で1、2年と第二外国語でフランス語を取りました。第一外国語の英語より取った単位が多かったです(笑)。

Le Petit Princeは、英語でもよく分かりませんでした(汗)。日本語でも、ちょっと色々と奥が深いといおうか、哲学的といおうか、難しい感じだと思いました。考えすぎかな?

フランス語の発音は、規則的ですね。大学の先生(奥さんがフランス人)の発音がフランス的(?)で、あこがれましたね。でも、フランス語の数字は60進法(?)で、???でしたが(汗)。

では~。

Posted by: ヨシオ | 2008.11.03 21:40

ヨシオさん、こんにちは。かのん@週末ネットワーカーです。

コメントありがとうございます。

ヨシオさんもフランス語だったんだ、第二外国語。
お仲間ですねー。

Le Petet Prince 、わたしは日本語でもよくわからなかったです。
(英語では読んでいません)。
なぜこの本がこれほど名作として読み継がれているんだろうー?と
不思議に思っています。
作家の意図はともかく、
多様な解釈ができる、考える材料を与えてくれる題材だから
高い評価を得てるのかなぁとは思いますが。

フランス語の数字が60進法、ああ、そういえばそうでしたっけ。
(もうすっかり記憶のかなたです)

きっとフランス語の数字に慣れた人は、時間の計算が速いに違いない、と
思った記憶があります。

(たとえば、列車が13時45分に出発して16時25分に到着。
 乗車時間は何時間何分だっけ?というような計算)

フランス語で、60進法の数字がイメージできなかったわたしは
アナログの時計の針をおもいうかべて、理解していたような気がします。

Posted by: かのん | 2008.11.09 11:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 柿と大根の甘酢漬け | Main | 近況報告 »