« 蜂蜜酒 | Main | 風と木の歌 »

A4ノートからA6ノートを作る

ふだんのメモ帳に、A6サイズのノートを愛用しています。
が、、なかなか好みに合うノートが見つかりません。
わたしの好みのノートというと、
 1.サイズはA6(携帯性がよく、手持ちで筆記が可能)
 2.罫線は5ミリ方眼(横罫は苦手)
 3.罫線の色がうるさくない(ロディアはここで敗退)
 4.リングでない(リングノートは、リング分(7~8ミリ)筆記可能サイズが小さくなる。筆記には影響軽微だけど、A4サイズ資料を貼り付けるときには影響が無視できない)
 5.紙の枚数は50枚程度。(100枚綴りだと資料添付が多いので分厚くなって筆記しずらくなる)
 6.入手しやすい
 7.比較的安価

こうして書き出してみるとぜいたくですねぇ。

条件2、または条件4を妥協すれば、この条件に適合するノートはあるので、いままで妥協して使ってきたけど、日々常用するノートだから、気に入ったものが使いたい。
なんとかならないかなぁ、、、と考えました。

で、妥協策。

5ミリ方眼のノート、A4サイズが多いんです。
A4を4分割すればA6サイズになる。
それなら、A4ノートを切っちゃおー!

用意したのは、Life!社のA4ノート。糸つづり100シート。1冊1600円弱。
1冊1600円ですよ。びっくりですよ。モレスキンより安いけど、
とても庶民の筆記用具の値段じゃないよー!
と思ったのですが、、、
このノート1冊から、A6サイズ50シートのノートが8冊とれます。
ってことは、1冊200円。まだ高いけど、それならどうにか許せる値段。
と計算をして、コスト的には納得。

■用意するもの
・A4ノート1冊
・表紙になる厚紙
・製本テープ(35ミリ幅を使用)→背張り用
・製本用の補修クリアテープ→表紙と本体を張り合わせるのに使う
・製本用のボンド(木工用や紙用ボンドでOK)
・カッターナイフ
・カッターマット
・金尺
・せんたくばさみ、適量

■方法
ノートを4分割する。
背表紙も切って折の区切りで分割(50シートづつ)する。
 ・糸つづりになってる本体が4つと、
  A6サイズのバラ紙が200枚できる。
バラ紙を50枚ひと区切りにまとめる。
50枚ひとまとめにしたものに表紙をはりあわせる。
背の部分にボンドを塗り、さらに製本用テープを張る。
ボンドが乾くまで、せんたくばさみで固定する。
半日程度放置。
余分なところをカットしてできあがり。

糸つづりになってる本体も同様に、表紙をつけ、製本テープでとめる。

これでA6サイズ8冊が完成!

仕上がりはというと、切り口は美しくないし(ぶ厚い紙をきれいに切るのはむずかしい)、表紙もただの白無地の紙で味もそっけもないですが

わたしの中ではあんまり問題にならないので。
(天地や小口がきれいに切りそろってなかったら、きっと買わないと思うけど、自分で作ったのなら、しょうがない。自分がぶきっちょさんなんだからさ)

1冊3週間くらいで使い切るので、8冊なら半年くらいもつ。
半年後にまたこの作業をするときには、もうすこし上手にできるといいな。

|

« 蜂蜜酒 | Main | 風と木の歌 »

文房具」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 蜂蜜酒 | Main | 風と木の歌 »