« フラミンゴのロースト | Main | 源氏物語を聞き読み »

座布団、火鉢

ってことばが、でてきたんです。『第9軍団のワシ』で。
家の中のようすを描写したシーンでね。(座布団は家じゃなくて砦の中の部屋だったかも)

お話はローマ帝国時代のブリテンです。だからきっと石造りで(ローマ人の退役軍人の家だから)、床は石、木、タイルあたりなのでしょう。冬は寒そうだなぁ。

って思って読んでいたらね、座布団、火鉢、ということばがでてきたの。

このことばを見た瞬間に、わたしの頭の中の映像は、日本家屋にかわっちゃいました。畳敷きで座布団が置いてあって、その脇にはちゃぶ台があって、火鉢が置いてあって、背中をまるめたかわいいおばあちゃんが日本茶をゆったり飲んでる絵になっちゃったの。
だめー! そんなはずないだろー!!! ってあわててその絵を頭の中で否定しましたけど。

翻訳本を読むのっておもしろいなぁ。頭の中で格闘です(笑)。

|

« フラミンゴのロースト | Main | 源氏物語を聞き読み »

雑記」カテゴリの記事

Comments

かのんさん、こんにちは。

ハハハ。座布団、火鉢ですか~。そうですよね。日本家屋の中を様子を想像してしまいますよね。(^^;

サトクリフ・プロジェクト、進んでいるようですね♪わたしは、ケルト系のお話や場所が出てくるのが好きです。コーンウオール、マン島、スコットランド、ウェールズ、アイルランド。いつか行ってみたいですね。

私が邦訳で読んだサトクリフは、「はるかスコットランドの丘を越えて」Bonnie Dundee (1983年)です。図書館にあったのを借りて読みました。ウィキペディアを見ると、かなり後の作品なんですね。これを読んでから、Scotlandの歴史が書かれている新書などを買って読みました。邦訳で「涙無しには読めないScotland(ちょっと題が違うかも?)」とか、ありましたね。内輪もめでとうとうEnglandに占領されたScotlandの歴史が書かれていました。Kiltも、結構近年になってからあのように様式化されたようなことも、どっかで読みました。Brave Heartの時代にはKiltは無かった?

GWは、ガソリンを使わずに、家(単身赴任先)で、多読です♪

では~。

Posted by: ヨシオ | 2008.04.29 12:29

かのんさん、ヨシオさん、こんにちは~
横レスかしら~?サトクリフプロジェクト進んでいますね~ふれーふれー
いつかスコットランドやアイルランドの好きな人たちで、自主ツアー組んで行けたらいいね!(妄想か、現実か!)
以前にケルティック系オージーで、アイリッシュミュージックのミュージシャンがいたのですが、アイルランドをめぐるツアー組んでたよ!案内しつつ、あちこちめぐりつつ、行く先々で音楽を聞かせてくれるんだって、そんなの行けたらいいな=
たくさん多読して、いろんな本読んでから行ったら、楽しさも倍増だと思うんだけどな。では

Posted by: ゆきんこ | 2008.04.29 21:07

ヨシオさん、ゆきんこさん、コメントをありがとうございます。

◇ヨシオさん

笑ってくれてありがとー!
英語で読んでいれば、日本家屋はきっと出てこないのですけどね。
(イメージ化できなければ、もやっとした霧がかかるだけ)

> わたしは、ケルト系のお話や場所が出てくるのが好きです。

森や海にも精霊たちが宿っているんですよね。おおきな石にも神さまがいて。

> コーンウオール、マン島、スコットランド、ウェールズ、アイルランド。いつか行ってみたいですね。

行ってみたいなぁ。季節はいつがいいかなぁ…。
初夏かなぁ。夏至のころ。(真夏の夜の夢…)

「はるかスコットランドの丘を越えて」Bonnie Dundee (1983年)って、
17世紀ごろのお話なんですよね。
読んだことはありませんが。いつか読むんだもん。

> Kiltも、結構近年になってからあのように様式化されたようなことも、どっかで読みました。

そういわれればそんなことを読んだ気もする。
手元にある Tartan に関する本を調べてみたら、
17世紀とか16世紀、なんて話がでてくる(英語なのでよくわからん)。
意外と新しいんですね。

多読が趣味だと自分の時間がとれる日が楽しみですよね。
あといくつ寝ると…って休暇デーを指折り数えちゃう(笑)。

ヨシオさんもいい休日を♪

◇ゆきんこさん

サトクリフプロジェクト、思った以上の成果にびっくりしています。
読める気がする、って思って読んだら、ほんとに読めたから(理解度はご想像におまかせ(^^;)。

いろいろ駆使したのが功を奏したかな。
日本語(全訳)→朗読CD(abridged版)→原書(全部)っていう
順番がよかったかも。拠点を先に攻略した感覚です。
Google Earthとインターネットも便利でした。
知りたいな、って思ったときに手軽に調べられるのがいいです。

愛読書の舞台をめぐる英国の旅ですね。楽しみ♪ 
長い期間はむりだからちょこちょこ通いますか~。(まじ?・笑)


Posted by: かのん | 2008.04.30 06:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« フラミンゴのロースト | Main | 源氏物語を聞き読み »