« クリスマスシーズン | Main | Christmas Trolls »

The Wild Christmas Reindeer

book

by Jan Brett

サンタさんの家でくらすTeekaとトナカイのお話です。

 サンタさんの家はね、サンタさんひとりが住んでるんじゃなくて、おっきな工房になってるんです。その工房では、たくさんの職人さんたち(なぜか子どもが多い)が、世界中の子どもたちのためにプレゼントをせっせと作っているのです。

 Teekaは、今年、サンタさんからクリスマスイブにお届けツアーをするためのトナカイをちゃんと準備しておくように、おおせつかります。でも、トナカイたちは去年の冬にお届けツアーをして以来、ずっと野生の暮らしをしていたので、幼いTeeka の言うことなんて聞いてくれません。さぁて、Teeka はイブまでにトナカイ調教をちゃんとできるのでしょうか。

 絵がとにかくすてきなのです。

 12月。絵本の中の世界は一面の雪景色。
 家の中はあたたかい炎がぱちぱちと燃えていて、贈り物を作ったり、ジンジャークッキーを焼いたり。
 外が寒くても、家の中と心の中はあたたかい。そんなお話です。

|

« クリスマスシーズン | Main | Christmas Trolls »

絵本」カテゴリの記事

Comments

かのんさん、ご無沙汰しています。トッコトーンです。タドキスト大会も大盛況だったようでおめでとうございます!私は掲示板の報告を読んでわくわくしてしまいました。来年は参加したいなぁ~!

この本、かのんさんのタドキスト大会のご報告を読んで図書館で借りて読んでみました。欲しい~~~~~~~!!!!!なんて綺麗な絵なんだろうと、とにかくうっとりです。それから丁度今年からサンタさんを意識し始めた長男の「サンタさんってどんなところに住んでるの?」「プレゼントってどこから来るのかな?」という疑問に答えられるような絵本を探していたところだったので、この本の見開きで展開される工房の様子はバッチリでした。長男もこの本を見せてからというもの、一層サンタさんのイメージが膨らんだようで、毎日のようにサンタさんに見てもらえるようにリースなどを工作しています。
素敵な本を紹介してくださってありがとうございました!

Posted by: トッコトーン | 2007.12.19 09:25

 トッコトーンさん、こんにちは。かのんです。

 タドキスト大会から2週間。
 初日のクリスマス特集は壮観でした。絵本が多かったのですが、絵本は重いから、みなさん、厳選したものを持ってきてくれるので、どれもみな素晴らしい。でも絵本だけなら書店でも図書館でもクリスマス特集はやっています。タドキスト大会が素晴らしいのは、その絵本の魅力を語ってくれる人がそこにいる、ってことなのでしょうね。
 タドキスト大会はきっとまた開催されると思います。お楽しみに。

 さて、『Wild Cristmas Reindeer』を読んでくださってありがとうございます。絵に惚れちゃいますよね~。トッコトーンさんとお子さんに喜んでもらえてうれしいな。
 「サンタさんはどんなところに住んでいるの?」っていう素朴な疑問にきちんと応えてくれるおかあさんってすてきですね。
 Happy Family Reading!

Posted by: かのん | 2007.12.20 07:19

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« クリスマスシーズン | Main | Christmas Trolls »