« Soul Eater | Main | The Lost Flower Children »

Seedfolks

book

 早春、町の空き地、ゴミだらけのスペースに、少女がマメの種を播くところから話が始まる。13人のキャラクタがそれぞれ自分のことを語りながら、その空き地が菜園になっていく様子を描いたお話。

 この本を書店で見たとき、薄い本だけど、読みやすいのかなぁと思った。ページ数100。洋販の帯が巻いてあって「児童文学、TOEIC 470点 英検準2級~」とある。(わたしは、TOEIC も英検も受けたことがないから、TOEIC 470点と言われてもどの程度のものなのかイメージできないんだけどね。)

 読んでみて感想。
 短いお話の割りに登場人物が多い。菜園に関わる人々が13人。ひとりの人のお話にやっと馴れてきたなと思ったら終わっちゃうので、短編集だと思って読んだほうがよさそうです。

 わたしにとってはYL6.5くらい。テーマは好きだけど、短編集は苦手なので★★★くらいかな。

|

« Soul Eater | Main | The Lost Flower Children »

Teens/一般」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.