« private peaceful | Main | The No.1 Ladies' Detective Agency (PGR3) »

久々のアメリカ英語

book

 Sarah Plain and Tall の朗読CDが届きました。
 数ヶ月前にじゅんじゅんさんのブログで紹介されていたの。Sarah Plain and Tall なら聴いてみたいなぁ、でもこれアメリカ英語。アメリカ英語って Frog and Toad と Wee Sing くらいしか聴いたことがないのよね。どーしようかなぁ。気になっていながらそのままにしていました。それが2週間くらい前に気が変わったの。ま、いいか、いずれ聴くんだから。ぽち。

 昨日、開封してみました。まず驚いたのが、Sarah Plain and Tall1冊がCD1枚だってこと。1時間かぁ。あのお話がたった1時間? 語数8200。ざっと140語/min。そんなものかぁ。うーん。なんかもったいなくない?(なんのこっちゃ)

 聴いてみました。やわらかい声。ほー、Sarah,Calebってこんなふうに発音するんだ。Caleb が幼い。作中では年齢は明記されてないけど、わたしはもう少し年上のイメージだった。Sarah のセリフのときの少し低い声、わたしは好き。  ときどき音楽がはいります。雨あがりのやわらかい陽の光のように優しくてあたたかいメロディ。ソフトな朗読と相まって耳に心地良いです。

 違うものですねぇ、アメリカ英語って。単語の最後の音が落ちまくってる。全体的に角がとれて丸みのある音。イギリス英語を中心に聴いてきたわたしには新鮮。見事にわからない(笑)。こんなにちがうとは思わなかった。違うってことがわかるようになってる自分にびっくり。

|

« private peaceful | Main | The No.1 Ladies' Detective Agency (PGR3) »

CD/Tape」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.