« 『多読多聴マガジン Vol2』 | Main | 文字を見ないで、絵を見ながら朗読を聴く »

『The Dark Is Rising』

bookSusan Cooper (著)

SSS書評より YL6.5  82,000語

 お話の季節がちょうど今頃。クリスマスの直前から始まる。外は寒くて、雪が降ったり、家の中はあたたかい料理や暖炉の炎がある。家族と過ごすクリスマス、晴れた冬の空の青さ。水の流れ。お話そのものより、そういう冬そのものの描写がいいなぁ、って思えるお話でした。
 主人公があるものを探すお話なんだけど、距離的に遠いところへの旅に出るのではなくて、、、ってところが、このお話の面白さだとわたしは思う。

 最後の40ページになっても、ちっともお話が収束しなくて、どーするんだ、あとこんだけしかないのに、って思ってたら、ちゃんと終わりました。今回は、冒頭からファンタジーの面白さを満喫できた1冊でした。

|

« 『多読多聴マガジン Vol2』 | Main | 文字を見ないで、絵を見ながら朗読を聴く »

Teens/一般」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『The Dark Is Rising』:

« 『多読多聴マガジン Vol2』 | Main | 文字を見ないで、絵を見ながら朗読を聴く »