« 『エンデュアランス号漂流』 | Main | 『Princess Mononoke Film Comics 1 』(Princess Mononoke Film Comics) »

『The Voyage of the Dawn Treader』

book

 ナルニア国物語の3冊目を読了しました。これ、学生の頃に飛ばし読みしたんですけど、ほんっとにどこまでもわからなかった(笑)。今回読み直して、ほーお、こんな話だったんだと。あいかわらず細かいところは見事にわかりません。たとえばラストのほうで、船からボートに移ってさらに旅を続けるシーンがあるのですが、カスピアンがなんか言ってるなー、と思ってしばらくよくわからない部分が続いて、気がつくともうボートに乗って数日経過してる。あれ、別れのシーンは? と戻ってみると、あれれ、こんだけ? そりゃ飛ばすわさってな感じ。

 酒井先生は、講演会でよく「わからない単語があったら、その単語は見なかったことにしてとばす。文章全体がわからなかったら、その文章はとばす。段落まるごとわからなかったら、その段落はとばす」と飛ばし読みの様子を説明されています。まぁ、自分も段落単位で飛ばすことなんてよくあることですけど。TVでドラマを見ていて、トイレに立ってもどってきたら話がすすんでいて、その間、何があったか知らないけど、そのまま楽しく見てる、ってそんな感じですかねー(笑)。

 話をもとにもどして、『The Voyage of the Dawn Treader』ですが。最後の50ページが特におもしろかった! そしてラストの1くだりが最高に笑えました。

 ナルニア物語は光と影の戦いがテーマになっていることが多くて、けっこう重いお話だと思うのだけれど、この『The Voyage of the Dawn Treader』は、その中でも比較的、明るいお話のような気がします。Reepicheep と Drinian が良かったなぁ。

 朗読CDを使ってときどき聴き読みをしました。52000語を5時間51分で読んでる。平均148語/分。数字だけで判断するとあまり早くないんだけど、でもこのお話、今のわたしには聴き読みより、読み・聴き別のほうが良いようです。

 画像のリンクは Full Colour Edition です。

|

« 『エンデュアランス号漂流』 | Main | 『Princess Mononoke Film Comics 1 』(Princess Mononoke Film Comics) »

児童書」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『The Voyage of the Dawn Treader』:

« 『エンデュアランス号漂流』 | Main | 『Princess Mononoke Film Comics 1 』(Princess Mononoke Film Comics) »