« 雷 | Main | 『海中2万7000時間の旅』 »

ガラスペンとボトルインク

 昨日の続きみたいになりますが。万年筆ってわたしは好きです。万年筆をコレクトする趣味はないですが、使うのは好き。コレクトしちゃうのは、インクのほう。
 万年筆に一度いれたインクを変えるのって結構面倒。で、最近ハマっているのが、ガラスペン+ボトルインクの組み合わせ。ガラスペンなら、こまめにインクを変えられるので、いろんな色を使えます。水とティッシュとお気に入りのインクをいくつか用意して、お絵描き気分で色を楽しむ。わたしは絵心がなくて絵が描けないので、字で色を楽しみます。

 ガラスペンは工芸品みたいな美しくて高価なものは使いません。一度、人からいただいたものを落として割ってしまって悲しい思いをしたので、それ以来、東急ハンズに売ってる平和萬年筆という500円くらいの竹軸のものを使ってます。メーカー名が書いてないなぁ、どこで作っているんだろうとずっと思っていたけれど、いま、ネットで検索したら、佐瀬工業所(あの美しいガラスペンを作っているガラスペン職人さん)で作られていました。知らなかった。
 インクは万年筆用のボトルインクを使います。万年筆用インクというと、黒やブルーブラックを思い浮かべるけれど、黒は重く感じるのでわたしはほとんど使わない。よく使うのは、赤茶色やモス・グリーンやブルーなど、色みはあるけど落ち着いた色。ターコイズやローズなどの明度の高い色はスパイスのようにちょっと使うと華やかで気分転換になります。フランス製のHerbinはにごりのないきれいな色。ラシックの丸善で見つけました。ドイツ製のDr.ヤンセンは落ち着いた色が多いです。こちらは丸善栄店の万年筆コーナーにあります。備品棚に置いてあってわかりにくいけど、店員さんに声をかけると見せてもらえます。カランダッシュも美しい色のシリーズを出していますが、残念ながら高くて手が出ません。絵の具を集めてるみたいですね。
 日記のように自分だけが楽しむものならどんな色で書いても構わない。わたしは日記をつける習慣がないので、多読の読書記録ノートで遊んでます(わたしにとっては多読も道楽ですから、ついでに読書記録も道楽にしてしまったわけですね)。インクと水を用意して、すこしづつインクを補給しながら字を書くなんて、面倒だから楽しいのです。
 文房具売り場に行くと、カラフルなボールペンがたくさん売ってます。ユーザーはティーンズの女の子たちが中心なのだろうけれど。わたしもやってることは同じかも(笑)。

|

« 雷 | Main | 『海中2万7000時間の旅』 »

文房具」カテゴリの記事

Comments

学生のころからペリカンにウォーターマンの青インクのくみあわせがお気に入りでしたが、修羅場の仕事がおおかったので、社会人になってからは万年筆から遠ざかっていました。毎日が日曜日の無職人になってからは、セーラーのペンに極黒のインクという和風な(?)くみあわせ。ぼくはひらがなが大好きで、万年筆でひらがなを書いていると、とてもしあわせな気分になります。日本語とフランス語は万年筆派ですが、なぜか英語はボールペンか鉛筆派。なぜか言語によって筆記具がかわります。読むことも好きですが、書くのはもっと好き。毎回長文ですみません。

Posted by: matsukawa1971 | 2006.08.15 23:03

matsuさん、こんにちは。
筆記具って、身近でいつも傍らにある道具だから、きっと人それぞれ、語りだすといろんな面白いエピソードがありそうですよね。
言語によって筆記道具が違うっていうのは、おもしろいなぁ。
Happy Stationery!

Posted by: かのん | 2006.08.19 18:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ガラスペンとボトルインク:

« 雷 | Main | 『海中2万7000時間の旅』 »