« The Storm | Main | Peter's Old House »

イルカの家

book

(著)ローズマリ・サトクリフ
(出)評論社
(原題)The Armourer's House

 お話の舞台は、16世紀のロンドンです。コロンブスによるアメリカ大陸発見の後、西洋は大航海時代まっただなか。
 主人公は8歳の少女、タムシン。両親は小さい頃に亡くなり、ロンドンからずっと離れた村にあるおばあさんの家で暮らしていました。そのおばあさんが亡くなり、タムシンは親しんだ家を離れ、ロンドンにすむおじさん一家にひきとられることになりました。
 見知らぬおじさん一家の人たちとの暮らしとはどんなものなのでしょうか。

 2004年12月に日本語版が出版されました。原書の初版は1951年。50年以上前の作品です。そんな本なのに、よくぞ日本語版を出してくれたものです。出版社に感謝です。
 すごくよかったです。★10個つけたいくらい←ちょっとオーバーかな。

 重厚なサトクリフの歴史小説とはひと味違う作風です。重厚さがない分、作者のあたたかい人間味が実によく出ています。こういうぬくもりのある作品を書ける人だから、『第9軍団のワシ』のような、厳しい状況で生きるという、骨太でストイックなお話が書けたんだなぁ。 

 英語だったらここまできちんと読み取れなかっただろうから、日本語で出会えたことに感謝です。原書も発注済み(1週間後には間に合わないかな)。古書をきちんと入手できるルートが確立されてるってありがたいです。原書は今はたぶんさいごまで読めないだろうけど、でも届くのが楽しみです。

|

« The Storm | Main | Peter's Old House »

和書」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference イルカの家:

« The Storm | Main | Peter's Old House »