« 最近の和書 | Main | 届いた♪ »

平行読み本の紹介(^^;

 複数の本を同時に読みすすめるのが平行読み。これ、よくやります。読みたい本が手元に大量にあって気に入ったものを気の向くままに読み始めるから、いつのまにか平行読み本が増えてしまいます。絵本ならすぐに読み終わるけれど、PBはなかなか読み終わらないので、読みかけのまま数ヶ月とまっているものも多々あります。
 今回は、自分の整理のために、読みかけ本をまとめてみました。

book
『Harry Potter #1』 朗読CDを併用して聴き読み中。あと20ページくらいなのに、CDプレーヤーを落として壊して以来、2週間とまっています。そして2巻と3巻を朗読CDで聴いています。


book
『Kira-Kira』
 昨年のNewbery 受賞作。透明感があって切ない予感がただようお話です。繊細なところまでちゃんと感じ取りたいから心がざわざわしているときにはなんだか読む気になれないの。

book
『The Historian』
 いま、話題の本なんじゃないかな。とっても分厚くて字がこまかい。SSSの書評では26万語ですって。ひえ~。
 日本語版は全2巻。1巻の途中まで読んだところで、洋書に移行。レベル的には読めそうだけど、日本語で読むよりはスピードが落ちるので、とまりぎみ。こういうのを一気に読めるとうれしいんだけどなぁ。


book
『Spirit Walker』Chronicles of Ancient Darkness シリーズ第2巻。
 先史時代、うっそうとした森が広がるヨーロッパが舞台のイメージ(英国なのか大陸なのか、わたしにはわかりません)。主人公は少年と少女とWolf(オオカミの子ども)。わたしは Wolfがお気に入り♪ お話は…もののけ姫とハリーポッターをまぜて、先史のヨーロッパを舞台にしたと思ってください(ほんとかぁ?)
 第1巻は森と山が舞台でした。第2巻は森と海が舞台のよう。いま、やっと海に着いたところです。


book
『Matilda』
 これを途中で止めるかぁという気もしますが、とまってます、Darl だし、たくさんの人のおススメ話をきいてるから、このあとの展開もだいたい予測がついている。この本は、Matildaに感情移入すればすんなり読めると思うのだけど、大人の視点にたつとため息をついちゃう。ちょっと寝かせて、このどうしようもない大人たちに対して自分なりの答えが出せれば、先を読めるかなぁ。


book
『Red Pizzas for a Blue Count』Geronimo Stilton #7
たまに思い出したように読んでるシリーズ。すこしは精神力を鍛えようよ、Geronimo~!


book
『The Eagle of the Ninth』Rosemary Sutcliff 
 『第9軍団のワシ』です。残念ながら今は手に負えないと投げました。英国の歴史と自然地理と植生の知識をもう少し増強すれば読めそうな感触はあるんだけどなぁ。

|

« 最近の和書 | Main | 届いた♪ »

洋書」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 平行読み本の紹介(^^;:

« 最近の和書 | Main | 届いた♪ »