« どう言えば? | Main | 『めざせ!1,000万語 英語多読完全ブックガイド』 »

Book Baton

 ユーモアのある語りで絵本から児童書・一般書まで幅広く紹介していらっしゃる tane さん から、Book Baton がまわってきました。
バトン、ってこんな綴りなんですね。知らなかったよ。

ということで、回答、いきまーす。

■持っている本の冊数

・洋書、よくわからないけど1000冊くらいはある気がする。最近は薄い本が増加傾向。
・和書、やっぱり1000冊くらいはありそう。あんなにがんばって整理したのにいつのまにかまた増殖してる気が…(^^;;

■今読みかけの本 or 読もうと思っている本

Twin Trouble  by Jacqueline Wilson
Jenny Goes to Sea  by Esther Averill

これに今日、Harry Potter #6 が加わる予定。

■最後に買った本

今週は Amazon と 書店 ダブルでした。
書店から帰ってきたら、Amazon から届いていたのが、

The Secret Valley (Foxwood Tales)

また動物ものの絵本です。
(そういえば日本語の本って最後に買ったの、いつだろう?)

■特別な思い入れのある本、心に残っている本5冊(まで)

豆つぶほどの小さないぬ 佐藤さとる
 読書習慣のなかったわたしが自分から本を読むようになったきっかけになった本。小学校3年のときかな。友人が薦めてくれました。
 おこづかいで買い集めた佐藤さとるさんの文庫本たちは今も大切に持っています。

月は東に日は西に わかつきめぐみ
 まんがはあまり知らないけれど、わかつきさんと、成田美名子さんの本だけは読んでいます。
 わかつきさんの本で好きなのは『So What?』『黄昏時鼎談』『ご近所の博物誌』、成田美名子さん本では『エイリアン・ストリート』『サイファ』『ナチュラル』などなど、選ぶのに困るけど、えいや、で、このタイトルになりました。

照葉樹林文化 上山春平(編)
 高2の秋に友人たちに誘われて初めて行って以来、毎年秋に奈良国立博物館で開催される正倉院展が好きです。日本は島国だけど、大昔から常に世界とつながっているんだ、ってことを、1300年前に存在し、いまもここにある物たちが雄弁に語ってくれます。
 文化という面から、世界の中での日本の位置をとらえたこの本は、漠然と自分の中にあったそんな正倉院展的な日本の位置感覚を見事に文章で現してくれました(扱う題材も年代も違いますが)。この本はなんで知ったのかなぁ。大学1年の頃だと思う。
 学説そのものは今では古いのかもしれないけど、学校の教科書で西洋中心の歴史や地理をやっていた身には、地に足ついていてすごーく新鮮でした。

白保 SHIRAHO 中村征夫
 旅行好きな学友の影響で、年に1度沖縄へ通った時期が何年かありました(ここ数年は残念ながら行ってないけど)。そんな沖縄通いの中で出会った本たちの中の1冊です。
 石垣島白保地区の美しいさんご礁の写真と地元の方たちのことばをつづったこの小さな本は、いろいろな「豊かさ」がある、こういう豊かさもあるってことを思い出させてくれます。
 地元の方たちの語るうちなーぐち(沖縄方言)に味わいがあって素敵です。

Fire and Hemlock Diana Wynne Jones
 100万語多読に出会うきっかけになった本。このペーパーバックがさらりと読めていたら、『快読100万語! ペーパーバックへの道』という本を手に取ることもなかったでしょう。読めなくてよかった~♪


■次にまわす人5人まで

う~む、だいたいまわってる気がする(もしくは別ルートからまわりそう)なので、ここでとめまーす。楽しみにしてくれた方、ごめんね~。楽しいバトンをありがとうございました。
 

|

« どう言えば? | Main | 『めざせ!1,000万語 英語多読完全ブックガイド』 »

雑記」カテゴリの記事

Comments

baton受け取ってくれてありがとう~。なんだか素敵な紹介文もありがとう~。

佐藤さとるはすっかり存在を忘れていたけど、子供の頃コロボックルシリーズが大好きだったことを思い出しました。懐かしいな~。成田美名子も大好きですよ~。特にサイファは何回も読み返した作品です(って5冊に入ってないほうに反応してごめんなさい)。Fire and Hemlockは目標本のひとつ。確かかのんさんのブログで見て読みたくなったんだけど、難しそうだからまだ手を出せないでいる(^^;)。

他の人の好きな本に自分の好きな本や知ってる本を見つけるとなんだか嬉しくなってしまうtaneでした~。

Posted by: tane | 2005.07.18 19:08

taneさん、こんにちは~♪

> 佐藤さとるはすっかり存在を忘れていたけど、子供の頃コロボックルシリーズが大好きだったことを思い出しました。懐かしいな~。

わーい。コロボックルシリーズが好きっていう方がいたぁ! うれしいな。
1巻より2巻が好き。3巻は子供の頃はぴんとこなかったけれど、
大人になって読み返して好きになったお話です。

> 成田美名子も大好きですよ~。特にサイファは何回も読み返した作品です。

taneさんにお返事書くのに、本棚の前に行ったがさいご
『CIPHER』ではなくなぜか『ALEXANDRITE』を読み始めてしまい
ふと気がつくと数時間…←ミイラ盗りのミイラになった午後でした(笑)

> 他の人の好きな本に自分の好きな本や知ってる本を見つけるとなんだか嬉しくなってしまうtaneでした~。

『深夜特急』わたしも好き~。
バスを乗り継いでアジア大陸からロンドンまでってすごいです。
英語がからっきしだめだから海外旅行なんて夢!と思っていたわたしには
ひとりでこんな旅ができるのは別世界の人だと思っていました。
tane さんはひとりで行っちゃうんだもん。すごーい。

またお話きかせてくださいね。 ではではまた~。

Posted by: かのん | 2005.07.23 17:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Book Baton:

« どう言えば? | Main | 『めざせ!1,000万語 英語多読完全ブックガイド』 »