« 『Annie and Bo and the Big Surprise』 | Main | 『Marvin One Too Many』 »

『The Scarlet Letter』

Action Lv.1
ISBN=0439597986
Carol Ghiglieri(Retold), Nathaniel Hawthorne(原作)
YL1.5 3,894語

1600年代のボストン。ピューリタンという、とても厳格な人たちが多い町。そこに住む Hester は重大な罪を犯した。だから罰を受けるべきだ、町の多くの人はそう考えた。罰として、深紅でAと書かれた服を着用しなければならない。
 Hester の罪とは? Hester には娘がいる。でも子どもの父親は彼女の夫ではない。なぜなら、Hester と夫は2年間、離ればなれだから。
 では、父親は誰なのか? Hester は真実を語るのか? そして、父親である相手もまた罪をあがなうのか?

『緋文字』って、こういうお話だったんですね。小学校の頃からずうっと家に本があったけど、読んだことなくて、昨日はじめて読みました。

あら、3800語もあったのね。
この、スカラスティックの Action というシリーズは初めて読みました。
学校の副読本のような雰囲気。Lv.1のこの本は小学校中学年向けくらいかなぁ。

|

« 『Annie and Bo and the Big Surprise』 | Main | 『Marvin One Too Many』 »

子供向GR」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『The Scarlet Letter』:

« 『Annie and Bo and the Big Surprise』 | Main | 『Marvin One Too Many』 »