« 2周年 | Main | 明けましておめでとうございます »

『Alien』

by Roderick Hunt, Alex Brychta (Illustrator)
Wolf Hill シリーズ Lv.5
ISBN=0199187584
語数、4,000  YL3.0-3.2

 夜空に奇怪な光が見える。どうやら Wolf Hill のサッカー場がある丘のすぐ上あたりらしい。はてさて UFOか、宇宙人来襲か?
 エイリアン、というタイトルですが、あの映画のエイリアンではありません(笑)。

 12月に行われたSSSのタドキスト大会の「書評・Reviewの分担」イベントでお借りした本です。4冊あるのですが、ようやく全部読了しました。読んだ中では、わたしはこのお話がいちばんウケました。ページをめくるまえに、こうなるだろうなー、と予測すると、その予測をハズさない。やっぱりこう来るか!と笑いのツボが自分にぴったり。
 Wolf Hill School に通う子どもたちやその家族におこるさまざまな出来事を描くシリーズです。1冊で1話完結ですが、下のレベルからゆるやかに話がつながっているようです。わたしが読んだレベル5は最後のレベル。文中に、この前に何かエピソードがあったのかな?となんとなくわかるような箇所がいくつかありました。(この子とこの子は今は仲良しになっているけれど、以前は仲が悪かったよう、とか)。
 Roderick Hunt, Alex Brychta のコンビといえば、Oxford Reading Tree で馴染みのある方も多いでしょう。でも、レベルはORTとはまったく別です。Wolf Hill のレベル5は、知らない単語がわりと出てくるなぁ、というのがわたしの印象です。見開き1ページに1箇所はさし絵があるので、話の筋を見失う心配はありませんが。
 YL判定。うむむ~。4000語だとレベル2のような気もするけど、お話はけっこう本格的だし。YL3.0~3.2くらいかな。わたしのレベル判定って、高めな傾向はある気がするけど、自分の感覚を信じるとこうなります。

Wolf Hill シリーズの紹介はこちら
OUP

|

« 2周年 | Main | 明けましておめでとうございます »

子供向GR」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『Alien』:

« 2周年 | Main | 明けましておめでとうございます »