« 翻訳本→原書 | Main | 感謝の気持ち »

Pathways of Discovery

カレンダーどおりでいくと3連休だったんだと、気がついたのが2日ほど前(^^;)。昨日と今日の2日間は、原稿書きでほぼ一日中PCに向かっていました。

自分の考えを人に伝えるために、文章にする。普段、怠っていることが多いから、今回の作業はいろいろと発見がありました。

原稿を書いて、いろんな人に見ていただいて、また直す。そのやりとりのひとつひとつが楽しくて。たとえほんのひと言でもうれしいし、安心する。名前は自分になっているけれど、いろんな人の協力のもとでできあがっている。
やっぱり、ものづくりっていいですね。仕事でもボランティアでも。

ひとりでやっていても楽しいけれど、人といっしょにやって、みんなで、良いものできたね!って喜びを分かち合えるところが素敵。(その楽しみがあるからこそ、今の仕事だってしんどくても続けて いられるわけだし)。

行き詰ってくると気分転換。お掃除したりお茶を入れたり、音楽を聞いたり、眠ったり、体を動かしたり。やっぱり機械じゃないから同じことばかり考えていると、脳みそが硬直してきてしまうから。

■今日の読書 『辺境のオオカミ』 (ローズマリ・サトクリフ)。

book


読み飛ばすのがもったいなくて、ゆっくり読んでいる。
(多読のおかげで、日本語読書までゆっくり読みになったのか?)


■参考文献 『ドロシーおばさんの大事なことに気づく』 加藤諦三
Pathways of Discovery (by Dorothy L. Nolte Ph. D.)


book

Pathways of Discovery (by Dorothy L. Nolte Ph. D.)

こういう文章も1年前の自分なら英語で言われても???だったけれど
今は、訳文と英文両方あったほうがわかりやすいと思ったりもする。


■BGM『INSOMNIA』鬼塚ちひろ

|

« 翻訳本→原書 | Main | 感謝の気持ち »

和書」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Pathways of Discovery:

« 翻訳本→原書 | Main | 感謝の気持ち »